読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマごろうの独り言

三十路を越えたクマのオス。フットボール中心に気になること

【プレミアリーグ16ー17】第25節ボーンマス戦

チームの状態が上向いてきたシティ。前日までの結果でこの試合に勝利すると2位に浮上する事になります。

 

シティスカッドはこちら。

f:id:kumagoro31:20170215211215j:image 

好調3トップは弄りませんね。スタメン表と実際のピッチとは違い、フェルナンジーニョサイドバック起用は今回左サイドです。守護神もカバジェロです。

  

前半(0ー1)ー:スターリン

 

イマイチな前半をリードで折り返せたのはラッキーでしたね。ボーンマスの前線からの積極的なプレスにビルドアップは乱れました。何本かはそれを掻い潜ってチャンスを作りましたが数は少なく、ボーンマス優位の前半だったと思います。

 

劣勢に立たされたのはビルドアップが上手く抑えられてしまった為。今迄はヤヤが起点となりボールを捌いてくれましたが、ボーンマスが前からプレスを当てはめヤヤの所をかなりケアしていました。ヤヤが出す所に困るとすぐに囲まれ何度かロストしていましたね。こうなると中々良い攻撃は展開出来ません。シルバが関わることでボールを運ぶ事は出来ましたがね。 

 

また前節に引き続きサイドバックでの起用となったフェルナンジーニョは守備の対応に苦慮しました。対面するアイブに1対1で劣勢に立たされており、シティにとっての左サイドからピンチを招きました。

 

そんなチームを救ったのはGKカバジェロ。1対1のシーンをビッグセーブで止めたのは大きかった。またスターリングの先制点はラッキーな形で齎されましたね。先制直後のボーンマスのシーンでは、オフサイドではなくストーンズへのファウルを取ったと思われます。

f:id:kumagoro31:20170215211238j:image 

気になるのは早々にピッチを去ったジェズスの怪我の程度と代わって入ったアグエロ。前記事にあげた通り早速チャンスの回ってきたアグエロですが前半はあまりインパクトを残せませんでした。ジェズスは歩いてピッチを去ってましたし、接触後もある程度プレーしていましたので重障ではないと願いたいのですが。

 

後半(0ー1)ー:OG

 

後半になっても基本的にはボーンマスのペースです。流石に前半程のプレスはかけられませんでしたが、それでも守備での粘りとアイブを中心に前に出る姿勢を崩さないボーンマスは、中々厄介でしたね。

f:id:kumagoro31:20170215211306j:image 

大きかったのは追加点。スターリングが1対1の仕掛けに勝利すると中央のアグエロへマイナスのボール。合わせたアグエロでしたが、公式ではオウンゴール扱いとなりました。彼の状況を考えてもアグエロのゴールにしてあげたかったですね。

 

2点差に開くとゲームは落ち着きポゼッションにて試合をクローズさせる事ができました。ヤヤとサネは少しバテていましたかね。フェルナンジーニョの左サイドバック起用は正直イマイチでした。本来サイドバックではない上に右利きの選手を起用したペップが悪いんですが。攻守に窮屈そうにプレーしていました。 

 

総括(0ー2)WIN

f:id:kumagoro31:20170215211321j:image 

これでリーグは3連勝で2位に浮上しました。このボーンマス戦は相手の方が内容が良かったですが、それでも勝ち点3を手に入れた事は収穫です。

 

ジェズスの怪我は本当に残念でした。どうやら骨折で全治3ヶ月との事ですから今季は終了ですね。図らずとも前記事に書いた通り、早速出番の回ってきたアグエロにはシティの為にも彼自身の為にもゴールで貢献してもらいたい。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 

どうなるアグエロ?

新加入のFWガブリエウ・ジェズスが確かな活躍を披露する中で浮上してきているのが、アグエロの扱いですね。ここ3戦連続でのベンチスタートとなっており、メディアにとっては美味しいネタとなってしまっています。

 

ジェズスはペップとマッチしている

f:id:kumagoro31:20170208230126j:image

選手としてのタイプを考えた場合、アグエロは純粋な9番と言えます。最初のイメージではもっとロマーリオっぽいのかなと勝手に思ってましたけど、それよりも更に9番色は強い印象です。ロマーリオはもっと多才でしたしね。アグエロは小柄な身体ながら南米選手らしく、かなりパワーがありパンチのあるシュートやエリア内でのプレーが優れています。

f:id:kumagoro31:20170208223921j:image 

対して新鋭ジェズスは、ウィングやセカンドトップにも対応可能なオールラウンドなアタッカーの印象で、アグエロよりも敏捷性やコーディネーション、スペースの使い方に優れていると感じます。そしてこれはペップのスタイルにフィットし易い特徴だと思います。純粋な得点力では加入からゴールを上げていますが、まだ試合数も少ないですしある程度のアベレージを保証してくれるのはアグエロの方ですけどね。

 

只、今季だけで言えば重要な試合のシーンで得点チャンスをフイにしてきたのもアグエロなので、結果が出ている内はジェズスを重宝するでしょう。勿論スクランブル状態になれば、ウィングとストライカーと立場を変えて共存する可能性もあり得ますが。

 

アグエロは名誉挽回なるか?

 

少なくとも今季に限ってはアグエロのチャンスは大いにあると思っています。ジェズスは好調を維持していますが、それでもまだ19歳。リーグはもちろん、FAカップチャンピオンズリーグと試合数は多いですし、ジェズス自身いつトーンダウンするか分かりませんしね。鍵になるのはプレーへの関与の多さでしょうか。ゴール前以外でアグエロはスぺシャルな存在ではありませんから。

 

今回のジェズスで立場を危うくしているのはイヘアナチョの方かなと思います。CFとしては3番手の状況ですし、起用が難しくなるかもしれません。アグエロもジェズスの調子の維持次第と言えますが、頼れる存在には変わりなく、これを機に爆発を期待します。

 

アグエロがもし今季終了までこの立場が続いた場合、残念ながら移籍はあり得る話でしょう。少なくともベンチが似合う選手ではありませんしね。その場合の代案としてオーバメヤンが浮上しているようですが、どうでしょうね。アグエロより上手くいかない可能性もあるかなと感じます。

 

シティにとっては、今迄絶対的エースだったアグエロの爆発を見たいところですが、ジェズスは今後のチームの軸になる存在とも言えますので、サバレタが言うように健全な競争により優れたチームに結果的になれば良いかなと思います。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 

【プレミアリーグ16ー17】第24節スウォンジー戦

前節AWAYで快勝したシティ。新加入のジェズスやサネが躍動しており、この試合でも活躍に期待です。

 

シティスカッド

f:id:kumagoro31:20170206233422p:image 

先発メンバーはほぼ変わらず、右のサイドバック起用でフェルナンジーニョが復帰してきています。若手が活躍する中で移籍報道も出ているアグエロはベンチスタートとなりました。まぁ前線の3人が好調ですからね。

 

こちらはスワンズ

f:id:kumagoro31:20170206233441p:image 

 

前半(1ー0)ジェズス:ー

 

勢いという点では前節に劣りますが、ゲームプランとしては上出来の前半でした。開始早々から積極的に仕掛け、10分前後でジェズスが先制点をあげる形でリードします。その後も殆どの時間でハーフコートゲームを展開し追加点はあげられなかったものの、無失点で切り抜けます。と言うかスワンズのシュートってあったかなという前半でした。

f:id:kumagoro31:20170206233513j:image 

際立った動きを見せたのはサネとシルバ。サネは仕掛けた1対1では殆ど勝利し、シルバは多くの局面に絡み、この2人が好連携を見せた左サイドはイニシアチブを取れていたんじゃないでしょうか。

 

また先発復帰したフェルナンジーニョは右サイドバックでの出場でしたが、頻繁に中央に顔を出してボランチ化し、ポゼッションを握る上でヤヤと共にゲームをコントロールしていました。

 

完全に押し込んだ形により絶好機が頻繁に訪れた訳ではなく、自陣を固めたスワンズ守備陣をこじ開ける迄には行かず。こういう時には狭い局面をドリブル突破出来るような選手が出てくると良いんですがね。 何度かあったチャンスも最後はスワンズに粘られましたので、追加点をあげられない事でこの後苦労する羽目に。

 

後半(1ー1)ジェズス:シグルドソン

 

後半は出だしからスワンズが前に出てきた事により、シティが前半程のコントロールが効かなくなります。シンプルなロングボールをジョレンテ目掛けて蹴る事により、単純ながらDFラインが押し下げられてしまいます。またプレスもかなり頑張っていましたが、囲い込んだところでボールをモノに出来ないシーンも少しづつ目立ってきましたね。

 

只、それでも大きなピンチのシーンは作らせず80分頃まで来たのですが、遂にゴール前で上手く前を向いたシグルドソンがミドル。同点に追いつかれてしまいます。この時点で、アグエロも投入となりスクランブル体制に。

f:id:kumagoro31:20170206233558j:image 

チームを救ったのは、アグエロではなくジェズス。アディショナルタイムにシルバのクロスに抜け出すとフリーで放ったヘディングは1度弾かれますが、こぼれ球を押し込み決勝点。ジェズスはそれ以外でもポストプレーが非常に良かったです。決勝点のシーンでもそうですが、スペースに走り込んだり受けるタイミングが非常に良いです。それがワンタッチでのポストプレーにも活きているのかなと。インサイドハーフが前を向いてプレーするのに一役買っていました。 

 

総括(2ー1)WIN

f:id:kumagoro31:20170206233610j:image 

良い流れが途切れないで本当に良かったです。正直、押し込みながらも同点になった際にはまたかという感じでしたが、若きセレソンの9番がやってくれました。

 

渦中のアグエロは終盤での起用となりましたが、何かをやってやろうという雰囲気は見て取れました。最後は惜しいヘディングもあったのですが。チームへのフィットという点ではジェズスの方がタイプは合ってそうです。 只、アグエロの得点力も捨て難いので上手く共存出来ると良いのですが。

 

この勝利により3位に浮上したシティ。2位争いはまだまだ続きそうですが、せっかく作った勝利の流れをこのまま続けたいとこですね。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 

 

【プレミアリーグ16ー17】第23節ウェストハム戦

CL圏内を確保する為にも是非とも勝利の欲しい1戦です。ジェズスが加入してからの良い雰囲気を維持したいところ。

 

シティとハマーズ両者スカッド

f:id:kumagoro31:20170202230027p:image 

先発トップはジェズス、アグエロはベンチスタートとなりました。また遂にと言えますが、最大のトピックスはGKカバジェロの起用。ブラボは、起用し続けていたペップもお手上げと感じたのでしょうかね。

 

前半(0ー3)ー:デ・ブルイネ、シルバ、ジェズス

 

素晴らしい前半でした。まず特筆に値したのはプレスの効き具合。前線3人は非常にスピード豊かであり、特にジェズスはかなり積極的にプレスに参加していましたね。そのプレスで奪った後に流れるようなショートカウンターで2点奪っており、結果にも表れました。

f:id:kumagoro31:20170202230050j:image 

攻撃面で際立った動きを見せたのはサネ。ここ3試合程は非常にチームにフィットしてきており、自慢のスピードが活きているのですが、この前半でも2点目はサネの単騎突破で2人を抜き去りシルバのゴールをアシストすると、3点目もサネのボール奪取から齎されました。素晴らしい。

 

ジェズスもリーグ前節の期待感そのままに、細かなタッチとスピードにパスのアイデアと精度もよくゴール以外の部分もペップのフットボールに合いそうです。そして待望の初ゴールもゲット。 

 

守備面ではポゼッションを安定させる事で相手の勢いを消せていましたし、ピンチらしいのは1度でしたね。先発となったGKカバジェロも不安にさせるシーンは皆無でしたよ。ビルドアップの面でも無難にこなせれていた印象でした。

 

後半(0ー1)ー:ヤヤ(PK)

 

前半3点リードした事でかなり優位に進めれましたね。前に急ぎ過ぎる事もなく、安定的なポゼッションを披露してくれました。ここまで安心して観て入られたのはもしかして初めて?ってなくらいで。そしてカバジェロが意外なほどの落ち着きでボールを捌いてました。後半でも守備で好循環を生んでいます。 

f:id:kumagoro31:20170202230106j:image 

試合はデ・ブルイネのスルーパスからスターリングが抜け出し、PKをゲット。ヤヤが冷静に沈め、この時点で勝負は決していました。おかげでシティとしては主力を休ませることもできましたし、変わって出場したフェルナンジーニョアグエロらは精力的にプレーしていました。

 

ペースはややダウンしますが、勝ち点3を積み重ねました。

 

総括(0ー4)WIN

f:id:kumagoro31:20170202230208j:image 

会心の出来と言えるゲームだったかもしれませんね。今季は良い内容でもゴールが入らず落とした試合はかなりありましたので、ペップの満足そうな表情に全てが表れていましたね。

 

やはりゴールはチームを勢いづかせるのに充分な役割を果たしてくれますので、良い形でゴールが決まったのは大きかったです。ジェズスの加入からサネのフィットなど上昇気流が見え隠れしますので、この流れを維持したいところです。

 

これで2位グループはまた混沌としてきましたので、トップのチェルシーを捉えるのは難しいでしょうがCL圏内は確保したいですね。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 

【FAカップ】4回戦パレス戦

少し遅くなりましたがFAカップでのパレス戦です。多忙につきフルマッチが観れてませんので、雑感を。

f:id:kumagoro31:20170130203453j:image

リーグ戦にてジェズスがデビューしましたが、可能性を感じられるプレーでしたので、この試合でも良かったみたいですね。先発デビューとなったジェズスは、CFで起用されるとスターリングの先制点を綺麗なスルーパスでアシスト。ウィング起用もCF起用もどちらでもいけるのは良いですね。アグエロはストライカーとして優れたプレーヤーですが、ペップに合いそうなのはジェズスの方かもしれません。

f:id:kumagoro31:20170130203500j:image

またそのジェズスと前線を組んだスターリングとサネも共にゴールをあげていますね。サネがフィットしてきているのは好材料です。前線は結構面白いメンバー構成になりそうな予感がしています。

f:id:kumagoro31:20170130203508j:image 

また主将のコンパニがフル出場出来たのは朗報ですし、GKカバジェロと合わせてクリーンシートを達成したのは今のシティにとっては素晴らしい。こうなると、いよいよブラボじゃなくて良いじゃんってなりそうなのが何とも、、、

 

怪我人も復帰してきていますし、DFラインに不安は付きまといますが、勝利の波に乗って取り敢えず今季はCL出場権はキープしないといけませんね。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 

13歳の有望株を確保

少し前の話題ですが、シティが将来有望なDFを獲得したようです。イングランド3部のサウスエンド・ユナイテッドに所属する13歳のフィンリー・バーンズ少年。

f:id:kumagoro31:20170122104054j:image

獲得に懸かった金額が17万ポンド程で、この年齢での最高額との事で話題になっていますね。シティは1年前からリサーチしており念願の獲得。リバプールチェルシーなどの同じプレミアのライバルを抑えてとなりました。

 

近年のシティはトッププレーヤーを招き入れるだけでなく、若手への投資にかなり積極的です。まぁこの年齢の選手で将来どうなるかなんて正直分からない訳ですが、静かに成長を見守るべきでしょう。バルサでも数々の神童が結果を残せていない現状もありましたからね。

 

それよりまずはトップチームの守備陣何とかしましょ。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 

【プレミアリーグ16ー17】第22節スパーズ戦

前節エバートンにボロ負けし5位にまで後退したシティ。シーズン前半に完敗を喫したスパーズをHOMEにて迎え撃ちます。ここで負けるとCL圏すら怪しいという非常に重要な1戦を難敵と戦います。

 

こちら両チームスカッド。

f:id:kumagoro31:20170122215729p:image 

先発にはサネが起用されています。注目の守備陣でCBコンビはオタメンディコラロフで、ストーンズはベンチスタートが結構増えましたね。話題のGKブラボはペップの信頼に応えたいところですし、最注目のブラジル代表FWジェズスは早速ベンチ入り。

  

スパーズは事前情報通りフェルトンゲンとラメラが欠場しています。それでもロリスを中心とした守備陣にエリクセンを中心とした攻撃陣は強力です。

 

前半(0ー0)ー:ー

 

ゴールこそ奪えませんでしたが、終始シティペースの前半だったと言えます。内容としてはペップも手応えを感じられたのではないでしょうか。

 

特に良かったのは前線から中盤にかけての連動したプレス。アグエロ含めてサボるような選手はおらず、しっかりとプレスに行く事で中盤ないしは高い位置でのボール奪取に成功していました。そうなれば、ボールの主導権も握れセカンドボールやロングボールにも対応し易くなります。結果スパーズには攻めの形を作らせませんでした。

 

また攻撃面に関してもビッグチャンス程ではありませんが、得点の匂いを感じさせる良い攻撃の形を4〜5度は創出出来ていました。最終的にはスパーズ守備陣の粘り強い対応やロリスのセーブによりゴールを奪うには至りませんでしたが。

 

久々の先発となったサネは以前よりもチームにフィットしている印象はあります。少なくともリズムを悪くするようなシーンは無かったですし、サネ自身結構落ち着いてプレー出来ているように見えました。また、シルバとデ・ブルイネはやはり中央の方がプレーが活きます。それを可能にする為にもウィンガーの目処は必要となりますので、スターリング共々サネにも頑張ってもらいたいですね。 

 

後半(2ー2)サネ、デ・ブルイネ:アリ、ソン

 

勿体無い、、、そう言う他ない後半。

f:id:kumagoro31:20170122215655j:image

開始早々にカウンターからサネが一気に抜け出すと、飛び出したGKロリスのクリアを上手く攫い(ハンドだったけど)そのままゴール。取れなかった先制点を取り、更にこれまたカウンターから形を作るとクロスを名手ロリスがまさかのファンブル。追加点も上げます。

 

ここまでは最早勝利しかない状況。そしてそうならないのが今季のシティ。

失点シーンでは、シルバが当ててサイドに溢れたところにクリシの寄せが甘すぎました。対面したウォーカーが余裕を持ってクロスを上げるとアリに豪快に決められます。

 

更にここからは不運というかシティに取って不利なミスジャッジの連続。抜け出したスターリングがエリア内であからさまなプッシングを受けますが、何故か審判はスルー。そして同点ゴールのシーンもソンの直前にケインが既にオフサイドポジションでしたが、こちらも審判団は華麗にスルー。ここまでなったらペップもお手上げですかね。

f:id:kumagoro31:20170122215808j:image 

80分から出場したジェズスは期待感は大いにもたらしてくれました。デビュー早々左サイドを抉れば、 クロスにヘディングで合わせたり、オフサイドにはなりましたがネットも揺らしました。密集地やプレスの懸かった局面でもボールを持てるのは、ペップのフットボールには必要なスキルですし、何より得点の予感は一番感じさせてくれました。

 

総括(2ー2)DLEW

f:id:kumagoro31:20170122215841j:image 

勝ち点2を落とした試合と言えますが、ポジティブに考えるべきと思います。今季1番の完敗を喫した相手に対して、1失点目以外はほぼ何もさせずプレー出来たのですから。 

 

プッシングやジェズスのオフサイドなどペップのリアクションを見ると、ここまでやって何故なんだというガッカリ感は非常に感じましたけど(笑)まぁこういう試合は今季1度や2度ではありませんから、募る想いもあろうかと思います。

 

それでもサネが存在感を見せたことや、ジェズスは期待に応えてくれそうな気配がある事は純粋にプラスな側面ですし、何よりもチームのプレスが素晴らしかったです。スターリングはスペースの使い方が非常に上手いんですけど、あとはゴールを齎せられるかで彼の価値が変わると思います。只の良い選手かワールドクラスかのね。

 

ちなみに今日の失点は恐らくブラボにはノーチャンスだったと思いますよ。チーム共々次に期待します。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村