読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマごろうの独り言

三十路を越えたクマのオス。フットボール中心に気になること

降格ハノーファーの日本人トリオ

昨季2部降格の決まったハノーファーに在籍していた日本人選手は全員退団となりましたね。

ステップアップを果たした二人

f:id:kumagoro31:20160625194652j:image
チームの中心選手であったMF清武は、リーガの強豪セビージャにステップアップとなる移籍が果たせましたね。バネガが退団予定のセビージャにとっては代役となる司令塔を確保した形となります。アジアビジネスを見越しているのはもちろんあるでしょうが、辣腕SDモンチに認められたという事ですから当然の事ながら戦力としての期待も大いにあると思います。背番号は何と10番希望との事で、その野心には好感が持てます。
f:id:kumagoro31:20160625194659j:image
またこちらは少々意外でしたが、SBの酒井がフランスの名門マルセイユに移籍。何処からそういう話になったのかよく分かりませんが、これもステップアップと言えるかもしれません。リーグとしてはブンデスリーガより落ちますが、クラブ規模で考えればハノーファーより格上でしょう。クロスが自慢のハズが割と残念なクロスをよく見る酒井ですが、決まったからにはレギュラー取る勢いで頑張ってもらいたい。

残念な選択となった山口


最後の一人山口は、非常に残念な形と言わざるを得ません。怪我もありほぼ何もする事なくセレッソ大阪に帰還となりました。日本の2部リーグで得られるものが大きいとは正直思いません。更に海外再挑戦はないということを本人が明言したのも残念です。別にJリーグを軽視するつもりもないんですが、選手として何処までいけるかという観点に立った時、欧州に行く以外の選択肢はないです。それを半年で諦めJ2でのプレーという事では彼の選手キャリアとしての頂点は見えたと同義です。要はフットボールのトップシーンに行く気がないって事ですからね。

日本が世界を目指すなら


本田がとにかく海外に出ろと何度も言及していますが、私もその意見には賛成です。国内リーグをどれだけ盛り上げれるかは、底辺を広げ支える上で極めて重要ですのでJリーグは本当に必要なんですが、どれだけピラミッドの頂点を上げれるかは欧州に出て行く他ないのです。何故なら現在のフットボール界の中心は欧州にあるのだから。もし本当に日本が世界トップレベルを目指すのであれば、欧州のトップクラブに進出し、香川や本田のような選手が当たり前に居て彼らが代表当落線上という様なレベルになって初めて世界が狙えるかもしれませんね。