読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマごろうの独り言

三十路を越えたクマのオス。フットボール中心に気になること

移籍市場最終日に余剰戦力を放出

8月31日を持ってクローズした今夏の移籍市場。様々なクラブが駆け込み移籍を実現しております。そんな中、ブラボの獲得で既に新加入は完了していたシティは余剰人員の整理に走りました。

マンガラはバレンシア

f:id:kumagoro31:20160901221202j:image
シティで完全な戦力外となってしまったDFマンガラはバレンシアへのレンタルとなりました。彼の場合も実力者ではあるものの、ペップのチームでは居場所がありませんでしたので戦力ダウンにはなりません。

バレンシアは今季もFWアルカセルやDFムスタフィも移籍させてしまいましたので、マンガラはムスタフィの後釜となりそうです。
昔の強力だった頃のバレンシアを考えると寂しいもんではありますが、近年のフットボール界では資金力の差は、そのまま戦力差に顕著に現れやすくなってますから厳しいですね。

その他のレンタル


この他、以下選手がレンタルにてチームを離れています。

デナイエル(→サンダーランド
ブライアン(→バリー)
ファシー(→へーレンフェーン)

これらの移籍によりスカッドのスリム化は図れましたので、後は前半戦でどういった展開になるかによって冬の移籍市場の動きが変わるでしょうか。
少し気になったのは、今回の放出って軒並みレンタルなんですよね。プレータイムがそのまま成長に繋がる若手は分かるのですが、現チームにおいては余剰人員になっちゃう人達もいますからね。完全移籍では買い手がつかなかったのか、はたまた売る気はなかったのか分かりませんが、来季のプレシーズンではまた去就問題となりそうです。