読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマごろうの独り言

三十路を越えたクマのオス。フットボール中心に気になること

【チャンピオンズリーグ・グループステージ】第3節バルセロナ戦

ついに迎えたカンプノウでのバルセロナ戦。ペップにとっては2度目の帰還です。バイエルン時代にルーチョバルサに敗れているだけにリベンジマッチと意気込みたい、だったはずなんですが。

 

そんなシティのスカッドはこちら。

f:id:kumagoro31:20161020225453p:image 

アグエロ先発落ちでデ・ブルイネのゼロトップ。中盤を厚くすることは、予想しておりましたが、まさか大一番でクンを外すとは。流石のペップもバルサ相手に3バックはしませんでしたね(笑)

 

対してバルサはこちら。

f:id:kumagoro31:20161020225510p:image 

負傷明けですがメッシも先発に名を連ね、MSN含め順当なメンバーですね。サプライズとするとマスチェラーノサイドバック起用でしょうか。

 

前半(1ー0)メッシ:ー

 

拮抗した前半でした。スコアこそ先制でリードを許しましたが、逆のスコアでもおかしくはなかったと思います。失点シーンではフェルナンジーニョが転んだのは痛かったですしアンラッキーな側面もあったのですが、溢れたボールに反応したのはメッシ1人。しかもあんな至近距離で2度もフェイクをかけるメッシには脱帽です。

f:id:kumagoro31:20161020225823j:image 

しかしながら上手くいっていたものとして特にプレスが徹底されており、バルサの攻撃をかなり難しくしていたのは間違いありません。まずトップに入ったデ・ブルイネはピケを見ながらコースを切り、シルバが主にブスケッツに張り付きウンティティがロングボールを蹴らざるを得ないシーンを幾度も作り出していました。

 

また攻撃面においてはシルバが多くの場面で顔を出し、攻撃の活路を見出そうとしていました。トップに入ったデ・ブルイネは少し窮屈そうなプレーが目につき、やはり中盤起用の方が良かったかなという印象です。まぁそれでもいくつかのチャンスはデ・ブルイネがDFラインの裏に走り込み絡んだものでしたが。

 

内容において負けている印象はなく、どちらかと言えばシティはほぼプラン通りの事は出来ていたんじゃないでしょうか。それだけに、ギュンドアンストーンズのビッグチャンスどちらか一方は決めたかったところです。

 

この後悪夢の後半が幕を開ける訳ですが(笑)その主人公ことブラボは前半の出来は悪くなかったですよ。ネイマールを飛び出しで止めるのもありましたし、ビルドアップでも安定してたんですよ。本当に。。。

 

後半(3ー0)メッシ②、ネイマール:ー

f:id:kumagoro31:20161020230351j:image 

後半早々の一つのプレーが試合の行方を決めてしまいます。本当に何気ないプレーでGKブラボ痛恨のミス。飛び出してのキックミスはあり得ないですし、ハンドで退場するくらいならまだ失点して11人で戦えた方が良かったと言えます。これによりゲームプランは一気に崩れ、それを見逃さないメッシの強烈なシュートにひれ伏し試合は決まりました。

f:id:kumagoro31:20161020230340j:image 

その後はバルサショーを続け、特にメッシとネイマールは手に負えず結果的には4失点。完全な力負けとなります。

 

ギュンドアンに変わってアグエロが登場しますが、出来ることは少なかったです。こういった試合でストライカーを外す傾向のあるペップですが、上手くいった試しがないんですよね。

 

総括(4ー0)LOSE

 f:id:kumagoro31:20161020230021j:image

 チームとしても選手個人としてもまだまだ実力差がありましたね。ブラボの退場が試合を壊したのは確かです。ブラボはマンチェスターダビーに続いてのビッグマッチでのミス。信頼を取り戻すのは大変です。

 

但し、選手個々を見てもレベル差があったことは否めません。

 

プレスは上手くハマるもそれでも掻い潜っていけるだけのスキルの高さ、チャンスを冷静且つ確実に決めてみせる様にシティにはないものを感じました。簡単に言ってしまえば、シティにはグッドプレーヤーはたくさん居ますが、ベストプレーヤーはほとんどいません。本物の違いを生み出せる世界最高の選手が5人はいる。恐ろしいチームですね。

f:id:kumagoro31:20161020225948j:image 

それでもその戦力差と対抗出来ていた前半はポジティブに考えるべきです。これで公式戦4試合勝ちなしで、チームにエクスキューズがついてもおかしくないですから、最初の難関を乗り切る強さを見せられるでしょうか。

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村