読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマごろうの独り言

三十路を越えたクマのオス。フットボール中心に気になること

シティ16ー17 前半戦総括【チーム編】

フットボール

ウィンターブレイクのないイングランドですから絶賛シーズン中なんですけど、一応シーズン折り返し地点ということで前半戦の振替をしてみたいと思います。

 

プレミアリーグ:5位(12勝3分4敗)

f:id:kumagoro31:20161224171430j:image 

開幕6連勝(公式戦では10連勝)とスタートダッシュに成功したシティでしたが、スパーズ戦に完敗すると以降は不安定な結果を得る事となりました。

 

連勝期間中はポジティブな面も出ていました。ボールの動かし方には明確な意図が見られ相手を外す事も出来るようになっていました。只、試合内容が手放しで良かった訳でもなかったので行き過ぎた期待感を持たれているなと感じていましたが、チームは案の定停滞してしまいましたね。いくつか理由を考察してみると、一番はやはりプレミア特有のタフで縦に速い展開に苦しめられたかなという印象です。 

 

そうなったのは他のチームもそうですが、シティもその枠から抜け出ていないということですね。バルサを長年追ってきた私からすると、ペップが率いていた時代よりも遥かに縦に速い。急ぎ過ぎに感じることも多々ありますね。縦にお互い速くなるとボクサーがガードなしで撃ち合うようなもので事故が起こりやすいと感じます。

 

ビッグクラブ達もその傾向が強いのは最早お国柄なんでしょう。故にジャイアントキリングが起こりやすいし、正直な話シティはもっとゲームをコントロールすべきと感じていますがペップはどうなんでしょうね。遅攻になった際のファイナルサードの崩しは選手のクオリティを大いに問われるので、現時点で物足りなさもありますし。バスを掻い潜る程の名手が今のシティには。。。単純な技術的ミスも多過ぎです。

f:id:kumagoro31:20161224171452j:image 

バイエルン時代から縦に速いフットボールも織り交ぜロングボールもかなり活用するようになったと聞きますが、シティも前線に速い選手はいますしキックの得意なデ・ブルイネが居ればカウンターに力を入れたくなるのかもしれません。只、現時点だとまだチームそのものがボールを保持してゲームを掌握し相手を攻略できるレベルに至っていないからというのが本音なのかなと思います。

 

また守備を問題視されていますが、個人レベルでの集中力や対応力には確かに疑問があります。しかし攻守とは一体になって然るべきなので、失点が多かったのはこれもゲームを上手くコントロール出来ていないからだと私は思います。間延びしたチームはスペースを与えやすいですし、結果プレスも効かず相手のカウンターを許してしまいます。また、凡ミスも多過ぎてリズムも出ないんですよね。行くべきところとポゼッションするべきところの使い分けをしていきたいですし、それを本来司るのがギュンドアンだったかなとは思いますが、復帰を待つしかないです。

 

ビッグマッチではユナイテッドとアーセナルに勝利し、スパーズとチェルシー、そしてリバプールに敗北と分が悪いです。只、実際の今季で完敗と感じれられたのはスパーズ戦のみ。年末最後のリバプール戦を見るとチーム自身に大きな不安を感じてしまいますが、今季は辛抱するしかないのかと思ってしまいますね。

  

チャンピオンズリーグGS:2位(2勝3分1敗)

f:id:kumagoro31:20161224171615j:image 

チャンピオンズリーグでは見所は当然バルサ戦だった訳ですが、1勝1敗に終わりました。内容と結果は逆でしたけど。カンプノウでは一つの大きなミスで失点するまでは内容的には非常に良かったですが、高い代償を払わされましたね。逆にエティハドでは序盤から押されましたが、相手のミスを拾ったゴールから一気に勢いに乗りました。CLではないですが、内容と結果が一致しない試合はリーグも含めて結構ありましたね。

 

もう一つのターニングポイントとなったのはAWAYセルティック戦でしょうか。この試合で3ー3の試合を演じ公式戦連勝が途絶える訳ですが、苦難の始まりとなりました。またその内容を鑑みてもペップ改革と持て囃されたものが、まだまだ道半ばも来ていないことが分かった訳ですから。前から勢いよくプレッシャーをかけるセルティックにポゼッションは 安定せず、そのクオリティを疑問視される事となりますがそれは今でも劇的な改善には至っていません。

 

それでもバルサと同グループでの2位通過は、現実的なところに落ち着いたと言えますし、及第点じゃないでしょうか。ラウンド16ではリーグアンモナコに決まりました。ペップは安定的なベスト4に残れるチームを目指すとしていますが、レベルアップを急いだ方が良さそうです。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村