読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマごろうの独り言

三十路を越えたクマのオス。フットボール中心に気になること

【プレミアリーグ16ー17】第20節バーンリー戦

早い、早過ぎるよプレミアリーグ。電光石火の日程に当ブログの更新も間に合わない。。。ついこの間リバプールに敗れ、5位に転落する悲しさを味わった筈なのに。という事で少し雑なレビューをどうぞ。

 

シティのスカッドです。

f:id:kumagoro31:20170104231505p:image 

アグエロ、シルバ、ストーンズはベンチスタート。代わりにイヘアナチョとナバスが出場機会を得ています。過密日程も考慮してそうですね。

 

バーンリーはこちら。

f:id:kumagoro31:20170104231529p:image

 

前半(0ー0)ー:ー

 

ボールは保持して何度かチャンスも創出。惜しむらくばイヘアナチョは1点くらい欲しかったですね。特に試合開始5分程度で得たチャンスは決めきりたかった。

f:id:kumagoro31:20170104231546j:image 

また前半最大のトピックスはフェルナンジーニョの1発退場。シティにとっては厳しい判定となりましたがフェルナンジーニョ自身が危険なタックルをしたのは確かです。前々からそうですが、フェルナンジーニョの守備はかなり荒い。チームの最も大事なポジションでこのプレーはいただけません。

 

結果、10人となりましたがそれでも機能性は大きく失われる事はありませんでした。その要因はヤヤの存在。10人になってからは殆ど1人でピッチ中央をカバーしていました。頼りになります。 

 

後半(2ー1)クリシーアグエロ:ミー

f:id:kumagoro31:20170104231607j:image 

後半は頭から温存していたアグエロとシルバを投入。10人ながらに互角に渡り合うと2つの素晴らしいゴールが生まれました。クリシーアグエロには拍手を送りたいですね。

 

流石に後半終盤はチーム全体も下がってしまいましたが、状況的には仕方ないですね。その分、スターリングやデ・ブルイネ、アグエロのカウンターは機能しました。

 

失点シーンはセットプレイの混戦から押し込まれました。ブラボに対してキーパーチャージがあったのではないかというシーンですが、確かにバーンリーの9番に手で押されてるんですけどプレミアの今までを考えればファウル程の接触ではないかなと思います。 

 

終盤5分の長いアディショナルタイムも粘り切って連敗せずに済みました。

 

総括(2ー1)WIN 

 

プレミアならではの荒い試合でした。接触プレーがプレミアリーグの醍醐味の一つかとは思いますが、怪我人出そうな感じで危ないなと思います。というかレフェリーの基準もよく分からないですし。

 

只、それでもフェルナンジーニョはプレーの改善をして欲しいですね。という事で『ペップ、ガルシアを起用するチャンスですよ』とポジティブに考えてみたり。でも今迄を考えるとフェルナンドの起用かな。。。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村