読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマごろうの独り言

三十路を越えたクマのオス。フットボール中心に気になること

【プレミアリーグ16ー17】第30節アーセナル戦

代表ウィーク明けで、ビッグマッチが連戦で続きます。まずはヴェンゲル監督退任の噂もあるアーセナルに乗り込みます。

 

こちらがシティスカッド

f:id:kumagoro31:20170404202356p:image 

ナバスのサイドバック起用がサプライズでしょうか。相手エースのサンチェスのスピード対策なのかな。その他のメンバーは概ね想定内。

 

アーセナルスカッド

f:id:kumagoro31:20170404202411p:image 

サンチェスやエジルといった主役達はもれなく先発です。

 

前半(1ー2)ウォルコット:サネ、アグエロ

f:id:kumagoro31:20170403235047j:image 

スコアとは裏腹にアーセナルペースと言えた前半です。シティの入りは悪くなくデ・ブルイネのロングパス1発で抜け出したサネがゴールと省エネプレーで幸先よく先制点を奪ったまでは良かったんですが。

 

シティはモナコ戦でもそうでしたが、シルバとデ・ブルイネにタイトなマークをつけられると一気にクリエイティブさを無くしてしまいますね。加えて縦に急ぎ過ぎな面は相変わらずでミスから簡単にボールロストをしています。フェルナンジーニョはもっとゲームをコントロールするべきですが、そういうプレーヤーでも無いですしね。

 

アーセナルには大きなピンチを作られた印象はないのですが、やはりサンチェスが関わるとプレーが怖くなりますね。ボールは持てるしパスのビジョンもあり、出すタイミングも上手い。実際、このピッチに立っていた選手の中で一番クオリティの高い選手だったかもしれませんね。

 

失点シーンは勿体無いプレーでしたが、それ以外のシーンでも何かと守備はルーズなんですよね。ハイプレスが効いてる時は良いんですが、相手に押し込まれるシーンが目立つと只スペースを埋めてるだけで人を捕まえきれていない。まぁ守備のザルさはアーセナルも負けてませんからスコアでリード出来ているんですが。

 

後半(1ー0)ムスタフィ:ー

 

後半はヤヤを投入し、オフェンス時に3ー6ー1となると前半よりもボールが持てるようになります。ヤヤは大柄なフィジカルよりもスキルとビジョンに優れる選手なので、リズムを作るのに頼りになります。

 

前半よりもポジションを前に上げれたナバスは右サイドからいくつかの好機を演出。ナバスのクロスからアグエロへのゴールチャンスが2度ありましたが決めきれず。いずれも何故かどフリーでしたので1本は決めて欲しかったです。

f:id:kumagoro31:20170403235058j:image 

後半も手を焼いたのはやはりサンチェス。彼の存在感はアーセナルにとってはとても大きいようですね。エジルはあまりパッとしてませんでしたけど調子良くないんですかね。セットプレーではムスタフィの打点の高いヘディングにやられました。

 

総括(2ー2)DREW

 

勝利が欲しい両チームでしたがドローとどちらにとっても微妙な結果に終わりました。実際、両チームがレベルの高い試合をしたかと言えばそうではなかったと思います。

 

勢い任せの縦に速いですが、少々雑なプレーにはガッカリしました。トップ4でシーズンを終える事は今季のマストになりますので、チェルシーとの次節も含めてもっとしっかりやってもらわないと困りますね。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村