クマごろうの独り言

三十路を越えたクマのオス。フットボール中心に気になること

コラロフがローマへ移籍

f:id:kumagoro31:20170723094707j:image

報道されていたアレクサンダル・コラロフASローマへの移籍が発表されました。これで昨季のサイドバックは全員いなくなった事になります。

 

早々に解決しなければならない守備陣

 

ヒューストンでのマンチェスターダービーに出場していなかったので、そう言えばと思っていたらその後直ぐに移籍報道とペップのコメントが出ていたコラロフ

昨季はペップに早速コンバートされたプレーヤー第1号となったんですけどね。若返りを図るチームではコンスタントな出場機会を求めたのかもしれませんし、本職でのプレーを希望したのかもしれないですね。或いはイタリアに戻りたい意向もあったと思います。ローマはモンチが新たなチームをどう構築するかで注目のチームですし面白いかもしれません。でも彼元ラツィオのプレーヤーだったような、、、

 

これで昨季にサイドバックを務めた選手が4人いなくなりました。こうなるとプレーレベル以前の問題ですね。昨季のサイドバック陣は年齢的な衰えを含めて実力不足を露呈していましたし、契約満了もあって入れ替えは既定路線だったかもしれませんが、市場の動きとしては得策のようには思いません。どうしても今のシティの状態であれば足元を見られますからね。

 

右にはかなりの金額がかかったもののウォーカーという重要案件をクリアしましたが、左サイドは誰もいない状態です。モナコのメンディはこちらも重要案件となっていますが、モナコ自身ベルナルドらの主力を既に売却している事や、ムバッペの件もあってか難航していますね。

 

その他サイドバックではダニーロバートランドなど色々上がっていますが、早い所決着させチームスカッドを確定してしまいたいですね。またコラロフセンターバックとしてもプレーしていましたので、ここも急務とまでは言えないものの余力があれば狙っていきたいところでしょう。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 

【ICC2017】マン・ユナイテッド戦

f:id:kumagoro31:20170721220319j:image

USツアー4日目はシティにとって今季の初戦となりますユナイテッド戦です。アメリカでのマンチェスターダービー

 

シティスカッド

 f:id:kumagoro31:20170721220302j:image

先発に新加入のエデルソンとウォーカーが早速名を連ねました。また下部組織から連れて来ているメンバーでフォーデンが起用されています。其の外、コンパニやヤヤなどのベテランやレンタルバックのロバーツやアダラビオヨなどの若手も先発。誰もいない左サイドバックにはフェルナンジーニョを起用です。

 

ユナイテッドスカッドは、 こちらも新加入のルカクが先発。ユナイテッドは既に2試合をこなしており、シティよりは体が出来ていると思われます。

 

前半(0ー2)ー:ルカク、ラッシュフォード

 

モロにプレシーズンな試合でしたね。バックラインからミドルゾーンでさえ、殆どプレッシャーのない前半。フリーでしっかりルックアップした状態からポグバが、何本もDFラインの裏目掛けてロングボールを出していましたが、その内1本をルカクに簡単に抜け出され先制点を許します。

 

また続け様に緩慢なパス交換を掻っ攫われ、カウンターでそのままやられました。

まぁやる前から分かっていたでしょうが、足が全然動きませんでしたね(笑)チームとしてはこの時期に言える事は何もないかと思います。

 

という事で個人に焦点を当てます。

f:id:kumagoro31:20170721220508j:image

まずアグエロ、ヤヤのベテラン2人は驚くべきほどの運動量のなさとキレのなさで何もなかったです。取り敢えずシーズンに向けて調整を上手くしてくれればそれで良いです。またベテランというと主将のコンパニがこの時点でチームのスカッドに加えれている事がポジティブな面でしょう。ルカクに抜け出されたシーン以外は安定したプレーを見せていました。

 

次に新加入組ですが、ウォーカーは期待して良さそうです。この試合、選手もいない事もあってかフル出場していますが、タフですし守備時の対人は強いですね。対面のラッシュフォードに1対1では何もさせませんでした。GKのエデルソンは、2失点しましたがまぁ悪くないと思います。良いセーブもありましたし、ボールに対しての反応も上々です。今後を見守りましょう。

f:id:kumagoro31:20170721221336j:image 

そして若手組ですが、フォーデンはペップも絶賛していましたが確かに才能豊かな選手です。試合経過と共に存在感を出してきましたが、中盤から前に当てるパスが秀逸です。フリーを見つける目、パスを通すタイミング、実行する技術。あの年齢での自信のあるプレーは将来有望で、覚えておく価値はありそうです。セルティックで良いシーズンを過ごしたロバーツは、2度ドリブル突破を披露するシーンがありました。トップチームで生き残る為にはウィングに必須のプレーですので、頑張ってアピールしてほしい。

 

後半(0ー0)ー:ー

 

後半一気にメンバーチェンジしたシティ。前線にはジェズスやサネらが構え、守備陣にはストーンズオタメンディがプレーです。まだ行き先の決まらないナスリとマンガラもピッチに登場しました。

 

前半よりも後半の方が動きが出たのはジェズスやサネのおかげでしょう。若さの分だけフレッシュでした。只、それも30分前後には既に停滞していましたが。

後半に入って更に存在感を増したのはフォーデン。ジンチェンコと交代するまで、若いだけあって動きは機敏だし、これから楽しみな素材が増えました。右ウィングに入ったディアスは気合いは入ってましたがインパクトには欠けました。

 

と言いながら実は一番存在感を見せたのはナスリさん。昨季のプレシーズンでも密かに好プレーを披露していたんですけど、この試合でも魅せてくれました。運動量こそ他の選手同様あまりありませんでしたが、流石のテクニックとセンスでチャンスを創出していました。インサイドハーフでも全然イケそうなのがナスリのポテンシャルですね。多分違うチームでプレーするだろうけど。

マンガラは左サイドバックでの起用と、使われ方も可哀想ですな。こちらも9月には同じチームにはいないでしょう。

 

総括(0ー2)LOSE

f:id:kumagoro31:20170721223828j:image 

初戦となったダービーは敢え無く敗れました。でもこんなもんですってペップも言うでしょうし。

 

期待の若手が出てきた事と、コンパニが先発だったことがこの試合の最もポジティブな面です。そしてハッキリした事は、左サイドバックに人がいない。前半フェルナンジーニョで後半マンガラですよ(笑)何とかしてちょうだい。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 

守護神ジョー・ハート、今季はハマーズへ

f:id:kumagoro31:20170719201958j:image

マン・シティのゴールマウスを長らく守ってきたイングランド代表GKジョー・ハートですが、現チームではやはり居場所はなく今季はウェストハムにレンタルされる事となりました。

 

GK問題は片付くのか?

 

ハートに居場所がない事は、最初から分かってたんですけど昨季の事があるので、今季もどうなることやらと不安はあります。

 

昨季はペップご希望のクラウディオ・ブラボを守護神に迎えましたが、大失態に終わりました。まぁ新しいリーグで難しい面はあったと思いますけど、にしても酷かったですね。 

只、守備組織が出来ずに致し方ない失点もありましたし、その内に精神的に追いやられてしまった感が強い気はします。チリ代表でのプレーと随分違いますしね。

 

そして、新加入としてベンフィカよりエデルソンを獲得しましたので、彼への期待は否が応にも上がってしまいますね。既にプレシーズンに帯同しておりますので、ICCにて実力の程が分かりそうです。

 

その他GK関連だと、ぺぺ・レイナの名を報道で見かけましたが、実際は来ないと思います。レイナ自身バルサ出身者ですし、バイエルンでもペップと共闘してますので、プレーに問題は少ないでしょう。

 

しかし、結局バイエルン時代もノイアーが居たのでプレー機会に乏しく移籍したと思いますし、今のままナポリでプレーする方がしっくりきます。クラブと問題を抱えてるのかもしれないですが。35歳という年齢を考えてもシティは資金を掛けてまで獲る必要はないと考えます。という事で、レイナはないでしょう。

 

今季はエデルソンに期待を寄せつつ、密かにブラボの復活も僅かながらに期待しときます。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 

 

ブラジルの新鋭を獲得!!ノリートはセビージャへ

遂に待望のウォーカーを獲得したシティですが、更なる動きを見せています。

 

ブラジルの新鋭MF獲得

f:id:kumagoro31:20170716222406j:image 

シティはブラジルUー20代表MFドウグラス・ルイスの獲得を発表しました。ドウグラスは、ブラジルの名門ヴァスコ・ダ・ガマ所属の若手アタッカーです。実を言えばプレーをちゃんと見た事ありませんので、あまり情報がなく、、、

 

まぁシティはトップチームは勿論の事、ユースや若年層の獲得に強化と力を入れてやっていますので、その流れの一環かなと思います。昨季もコロンビアの若手有望株であるモレノを獲得してレンタルにて出していますし、ドウグラスも同じ様な運びになるでしょう。

 

正直、レンタル先でも目を見張るような活躍をしたとしてもトップチームに残れる保証がないのが、エネス・ウナルの件でハッキリしていますし、今レンタルされている或いはユース以下の下部組織でプレーしている若手有望株達の1人でもシティを背負って立つ選手になってくれれば良いですね。

若手は様々な要素で良くも悪くも意外な変化が起こりますので、気長に見守りましょう。

 

ノリートは晴れる国に帰る

f:id:kumagoro31:20170717093152j:image 

シーズン後半でのサネの台頭による影響をモロに受けたノリートは、イングランドでの挑戦を1年で終える事になりそうです。セビージャより獲得合意の発表がなされました。シティとしては昨季の元手を取り戻す事は当然出来ませんでしたが、それでも完全移籍になったのは数少ないポジティブな要素かと思います。

 

ノリート自身もプレー機会の減少は勿論のこと、イングランドでの環境面にも苦労していた様子でしたので、スペインに戻りプレーする事はポジティブに働くでしょう。バルサBから見ていたノリートも今や30歳ですし、より良い環境を選ぶのも致し方なしですね。

 

そもそもノリートの放出は、現チームに於いての影響はほぼないでしょう。ウィンガーはサネやスターリングに加えてベルナルドを獲得していますし、ノリートもシティもそれぞれ別の道で上手くいくことを願いましょう。

 

アディオス!ノリート。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

ようこそウォーカー、さよならダニ

f:id:kumagoro31:20170715085822j:image

移籍の噂が何度も動いた右サイドバックは、遂に決着を迎えました。当初より報道されていたトットナムイングランド代表DFカイル・ウォーカーの獲得を発表。待望のサイドバック補強第1号となりましたね。

 

積極的なピンポイント補強

 

先週あたりではユーヴェの退団が発表された時点で、いよいよシティ加入か!?と思われていたダニ・アウベスでしたが、急転直下でパリにてメディカルチェックという報道により雲行きが怪しくなり、案の定そのままPSG加入でズッコケた訳ですが(笑)結果的には当初の目標通りのウォーカー獲得という運びになりました。

 

ダニの場合、ペップのフットボールを実践出来る保証があるのが最大の強みであり、それを考えるとウォーカーはこれからフィットさせる必要がある訳です。只、年齢を考慮すればウォーカーの獲得には納得が行きます。加えてイングランド人ということでホームグロウンにも当たるので、個人的には良い補強かと思います。

 

移籍金に関しては報道通りとは限りませんが、かなりの高額だった事は間違いないでしょう。先程のホームグロウンの関係もあり特にイングランド選手は高くなる傾向がありますね。サイドバックに5000万ポンドというと一昔前では考えられないような金額ですが、現在のプレミアの移籍市場は異常な状況ですし、まだまだビッグクラブとしての歴史がないシティにとっては足元見られても仕方ないですね。

 

只、金額に関しては高いですがシティは割と的確な補強をしている印象があります。今回もチームにとって最も必要なポジションですので、下手に動いて失敗するよりは確実に確保に動いたのだと思います。まぁあとはウォーカー自身のコメント通り、彼がペップの元でさらなる飛躍をしてくれる事が重要となるでしょう。以下、公式サイトよりウォーカー、チキのコメントです。

 

カイル・ウォーカー

『シティとの契約を喜んでいる。始まるのが待ちきれないよ。ペップ・グアルディオラ監督は、世界で最も尊敬されている指導者の一人だ。僕が新しいレベルへと行くための助けになってくれると感じている』 

  

チキ・べギリスタイン

『カイルは、とても優れた、両サイドでクオリティを作り出してくれる選手だ。トットナムでのプログレスを追ってきて、どのように成長してきたのか感動している。プレミアリーグで最高のサイドバックの一人で、それがイングランド代表でレギュラー獲得に繋がっている。今季とそのあとも、マンチェスターシティで成功できると確信している 』

 

これで右サイドバックのレギュラーは確保しましたが、まだまだ両サイドバックは獲得が必要です。という事で、次はメンディお願いね。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 

マン・シティ、2017プレシーズン始動

f:id:kumagoro31:20170711215459j:image

シティは7月10日今季のプレシーズンをスタートさせました。

現状ではまだスカッドも固まっていませんし、現チームの中でも9月には別のチームでプレーしている選手もいるでしょう。とは言え、シーズン開始に向けて準備をしていかないといけませんので、大事な一歩ですね。

 

新顔エデルソンも参加

f:id:kumagoro31:20170711215606j:image 

プレシーズン初日から新加入のGKエデルソン・モラレスが姿を見せました。クラブハウスに入って行く際には若干緊張しているようにも見受けられましたが、ジェズスを始めブラジリアンは現在4名いますので、問題はないでしょう。

f:id:kumagoro31:20170711223336j:image 

昨季からの負傷明けという点では、ギュンドアンも最初から参加。まためでたく契約を延長したヤヤは笑顔でペップと再開していました。

 

そのほか、アグエロスターリングなどの面子も。クンは少し太ったでしょうか(笑)大体、南米の選手は太りやすいように感じますね。また、ユースからはジェイドン・サンチョなどがトップチームのプレシーズンに加わっています。サンチョは実際のプレーはあまり見たことはありませんが、将来有望なイングランド人プレーヤーの1人ですね。

 

気になる大物2人やサイドバックは!?

 

ノリートやイヘアナチョなど放出の可能性がある選手もプレシーズンには参加。チームに残るのか気になるところではありますが、 それ以上に気になるのは噂の2人。

 

まずは加入濃厚と見られていたダニ・アウベス。先日に出た報道だとシティではなくPSGに加入かというものも、、、おい、ダニ。

そしてサンチェスに関しては、9000万ポンドなら放出やむなしみたいな報道もありますが、いくらサンチェスとは言え残り契約1年の選手に対しては高すぎる。まぁ隣の赤いクラブが例年通りの大判振る舞いしてますし、プレミアの市場は殆どぶっ壊れているので強気なのかもしれないですが。

 

ダニもサンチェスも来て欲しいですが、あまりに高額になるようなら足りないサイドバックにお金をかけて強力な選手を獲得して欲しいですね。噂にあがるメンディやウォーカーにウェイトを置いていいように思います。

 

兎に角にも始まったばかりのプレシーズンで最高の準備を進めて欲しいですね。

それにしてもヤヤは派手な格好してたな(笑)

f:id:kumagoro31:20170711215550j:image

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 

シティ若手動向

様々な情報が飛び交っている移籍市場。今回は、シティの若手達の動向を考察します。

 

トップチーム定着は茨の道

 

来週からいよいよプレシーズンがスタートするシティですが、ペップは昨年同様多くの若手を起用する意向のようです。これはクラブにとっては良いことですし、ユースなどの選手がトップチームとプレー出来るのは大きなステップにはなると思います。

f:id:kumagoro31:20170707135848j:image 

また近年のシティは優秀な若手が集まっており、逸材を多く抱えています。彼等がいずれシティの主力となり活躍してくれれば育成計画は大成功と言えますね。

 

では、実際のところはどうなのか?ですが、中々に厳しい状況ではあります。主力はおろかトップチーム定着もまだまだという感じですね。現在のシティは資金力が強大ですし、以前と違い何かしらのタイトルを常に求められる立場になっていますので、難しいところがあるのです。

 

プロビンチャのクラブであれば育てて売るというサイクルなんですがね。ヒホンやウディネーゼなどが好例として上げられるでしょうか。

 

ユース上がりの若手がアグエロダビド・シルバを押し退けるのは、かなり茨の道と言えます。私イチオシの若手アレイシ・ガルシアがヤヤとフェルナンジーニョをベンチに追いやるような活躍を期待してはいますが。

 

武者修行に出かけよう

 

という事でトップチームには残念ながら難しい現状がある以上、他所のチームでの成長を期待しましょう。既に来季のレンタル移籍が決定している選手もチラホラ。

 f:id:kumagoro31:20170707131408j:image

まずはGK。エデルソン獲得によりますます出場機会の無さそうなGKガンですが、ノリッジへの1年レンタルが決まっています。来季2部にあたるチャンピオンシップでのプレーになりますが、新監督ファルケにアピールしノリッジの現正GKであるジョン・ラディとの争いを制して出場機会を得られるかが注目されます。

f:id:kumagoro31:20170707131419j:image 

そして期待の若手サイドバックもまたレンタル。サイドバックはトップチームも人材難なのでどうなるかと思っていましたが、昨年のプレシーズンでも良い動きを披露していたアンジェリーノはオランダのNACへの1年レンタルが決まりました。オランダは若手を積極的に起用する土壌がありますし、何よりNACはシティと提携していますので既にマヌ・ガルシアを筆頭に何名か所属してます。一緒に大きな飛躍を期待しましょう。

f:id:kumagoro31:20170707131429j:image 

またオランダ関連で言いますと、昨季トゥエンテにレンタルされ18点を挙げたトルコ人ストライカー、エネス・ウナルも移籍となっております。こちらはビジャレアルへの完全移籍ですが買い戻しオプションが一応付いてそう。まぁ流石に前線はポジション争いが熾烈ですので、割って入るのは難しく選手としても妥当な判断かもしれませんね。

 

現状まだ来季の所属がハッキリしない選手もいますね。CBのアダラビオヨは今回2021年までの新契約にサインをしていますが、トップチームに果たして居場所はあるでしょうか。また、昨季レンタル先で活躍した選手で言えば、パトリック・ロバーツもいますがこちらもトップチームは厳しいでしょうしね。その他ジンチェンコやイヘアナチョも他チームでのプレーとなりそうですし、すぐに頭角を現しそうな若手がいない。

f:id:kumagoro31:20170707140224j:image 

何にしてもプレシーズンにオッと思わせるような若手がいないかチェックしてみたいと思います。そして、ここはやはりガルシア君に一皮剥けてもらいましょう。ペップ使って頂戴な。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村