クマごろうの独り言

三十路を越えたクマのオス。フットボール中心に気になること

シティ17ー18シーズン総括【チーム編】

f:id:kumagoro31:20180519100340j:image

非常にファンタスティックなシーズンとなりました。プレミアリーグのシーズン記録を複数塗り替える偉大なチームとして残るでしょう。そしてこのチームはまだ若くさらなる飛躍が望めます。シチズンズにとっては最高でしたね。

 

プレミアリーグ:優勝(32勝、4分、2敗)

FAカップ:5回戦敗退

カラバオカップ:優勝

f:id:kumagoro31:20180519100433j:image

リーグとリーグカップのダブルを達成した今季のシティ。FAカップこそ不覚を取りましたが、それでもリーグ戦18連勝やシーズン最多勝ち点など多くの記録を打ち立て、国内では最高の結果を得られたと思います。また、素晴らしかったのはその内容もそうでしょう。攻撃的に振る舞うフットボールには誰もが羨むところでしょうし、実際にそれを結果に結び付けているのは素晴らしかったですね。

 

毎年多くの補強があるシティを批判的に捉える人もいるかと思いますが、費やした資金を実際に効果として発揮させるのは難しく、選手、コーチングスタッフ、フロントなど全員が良い仕事をした結果と言えるでしょう。

f:id:kumagoro31:20180519100452j:image

また印象的だったのはチームの雰囲気の良さ。もちろん、これだけ勝利しチームが上手くいっていてれば問題は出にくいものですが、それでもこのチームはよく結束していましたね。メンディの長期離脱やダビドのお子さんの事情なども乗り切り、チーム一丸でのタイトルだったと思います。例えば左サイドバックのポジションを見事埋めてみせたデルフやジンチェンコ、尻上がりに調子を上げたギュンドアンとベルナルド、失意の昨季を送ったブラボがカップ戦でみせた優れたパフォーマンス。フォーデンやディアスなどの若手も存在感を出し、レギュラー陣だけではないところを見せました。

 

戦術面でも安定感を増したのはペップの指導も2年目となりチームに浸透した証でしょう。特筆すべきは2桁得点を決めた選手の多さ。前線のアグエロ、ジェズス、スターリング、サネは多くの得点を決めました。多くの得点者が生まれた事はチームとして戦えていたという事であり、誰か1人に依存していなかったというのも素晴らしいですね。中盤3枚は盤石の試合運びで多くの試合で主導権を握ることに成功しました。最終ラインの安定もチームに寄与し、常に攻撃的に振る舞う為のスキルを発揮してくれたと思います。GKのエデルソンは重要なファクターとなりました。

 

以前に記事にしましたが、このチームはシステムでは縛れない多様性がありますから、それに合わせた選手が必要になりますし、高いレベルも求められますね。既存の選手、新加入選手の両方がフットボールをより理解し、質を高めた事が勝利に繋がったと思います。

 

チャンピオンズリーグ:ラウンド8敗退

f:id:kumagoro31:20180519100716j:image

国内での好調さを欧州最高の舞台でも発揮したかったですが、国内のライバルに悪夢の1週間を叩きつけられました。クロップとの相性の悪さも手伝ってかペップ自身がどツボにハマった感のある1stレグが全てでした。結果論としてはいつも通り戦った方が良かったと言えますが、最初の失点で大きく動揺してしまっただけに、チームとしての精神面での成長が今後の課題と言えます。それはチーム全体が確固たる自信を持つのもそうですし、苦しい時間帯に流れを取り戻せるだけのパーソナリティを持ったリーダーの出現も必要かもしれません。まぁ若いチームだけに今季の2つのタイトルがその助けになる可能性はありますね。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

【プレミアリーグ17ー18】最終節サウサンプトン戦

遂に今季の幕切れとなる最終節です。記録を狙うシティと迎え撃つ吉田。

 

シティスカッド

f:id:kumagoro31:20180514211341j:image

最前線にはスターリングを起用です。その他、ダニーロギュンドアンにベルナルドが先発で、ストーンズラポルトがCBコンビを組みます。優勝後の起用となるGKはブラボです。

 

サウサンプトンスカッド

f:id:kumagoro31:20180514211354j:image

日本人としては吉田に注目せざるを得ないですね。3CBの中央を務めます。

 

前半(0ー0)ー:ー

 

プラン通りに進んだのはサウサンプトンですね。互いに決定機を作り出すようなシーンは殆どありませんでしたが、引き分けでも残留が決まるサウサンプトンにとっては守備が機能している事が重要ですね。吉田も5バックの中央で上手くスペースと人をカバーしながらプレーしていました。危うかったのはスターリングに反転されたところくらいですかね。

 

シティの方はやはり優勝決まってからはどうしても緩い感じでプレーしています。単純なミスや意思疎通が合わないシーンも結構見受けられますし、今までスーパーなプレーをしていたデ・ブルイネも凡ミスが出てます。今日のサウサンプトンは5枚の最終ラインに4枚の中盤という2ラインで守っていますから、中々スペースを見つけるのに苦労してしまいますね。

 

ブラボは相変わらず危なっかしいですね(笑)バルサ時代の安心感はどこにいったんだろうか。

 

後半(0ー1)ー:ジェズス

 

後半は攻めに攻め立てました。早々にジェズスを投入し3バックに移行すると、攻撃が加速していきます。目立ったプレーを見せたのはサネで、左サイドを根城にスピード溢れる突破でチャンスを演出します。また攻守両面で好プレーを披露したのはダニーロ、今季はウォーカーのファーストチョイスですがここ最近のプレーは安定感がありますね。守備時の1対1の対応など上々です。幾分かカウンターなどで裏を取られそうなシーンもありましたが、それはチームが前がかりになるが故ですしね。

 

それだけ最後の記録目指して攻めた訳ですけど、残留のかかるサウサンプトンはカウンターも狙いながらゴール前でのブロックを作り、これは厳しいかなと感じていました。交代出場でディアスとフォーデンを投入し、これで若手2人が優勝メダルを貰える権利を得た訳ですが、その後も攻め立てるもゴールは割れず。サウサンプトンの時間稼ぎや審判のジャッジを見ても今日は厳しいなと感じていましたが、最後の最後にやってくれました!!

f:id:kumagoro31:20180514211742j:image

デ・ブルイネからの1本のロングボールでジェズスが裏を取ると、冷静にループ。最高の幕切れとなりました。

 

総括(0ー1)WIN

f:id:kumagoro31:20180514211733j:image

勝ち点100!!!シーズンの締めくくりとしては最高の結果ですね。

若手も使いつつもジェズスのゴールの瞬間には大興奮のペップ(笑)最後はお祭り状態でした!!

 

ゴールが生まれず苦しんだ試合ではありましたが、この勝利でチームの勲章は増えました。

一足先にシーズンを終えるシティですが、来季も大いに期待したいと思います。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

Thank U YAYA!!!記録塗り替えるエティハド最終戦

f:id:kumagoro31:20180510212423j:image

フルタイムを観戦する余裕がない為、ハイライトと終盤のみ観戦しましたが、この日の最大のハイライトはやっぱりヤヤの退団セレモニーですかね。更にこの日の勝利が記録づくめの勝利となったのが最高です。

f:id:kumagoro31:20180510212409j:image

試合はブライトンを相手にダニーロ、ベルナルド、フェルナンジーニョがゴールをあげ3ー1で勝利。これによりシーズン最多勝ち点、シーズン最多得点、シーズン最多勝利数を一気に更新しました!!!このシーズンが如何に素晴らしかったかを示す記録であり、ヤヤを最高の形で送り出すには十分な試合です。ヤヤ自体は後半高い位置で貪欲にゴールを狙っていましたが、それには至らず、しかしそれでも彼がレジェンドである事には変わりないでしょう。それを示すように80分過ぎにピッチを後にする際には観衆からの素晴らしい拍手と、チームメイトからの祝福で送られました。

 

偉大なるタレント、ヤヤ・トゥレ

 

彼がシティにとってどれだけの存在であるかは、この日の試合を観ただけですぐに分かるものです。私はペップ就任時からシティを観始めましたので、所謂にわかってヤツですがフットボールは20年以上観てますのでヤヤの偉大なるタレントは知っています。

f:id:kumagoro31:20180510215910j:image

彼を始めて観たのはバルサに移籍してきてからですね。私は20年来のバルサファンですので、ペップ就任初年度にピボーテでプレーしていたのを覚えています。彼はその恵まれた体格に目が行きがちですが、本当の素晴らしさはスキルの高さとプレービジョンであり、それは私が好むプレースタイルでもあります。シティに移籍してからはポジションを上げてプレーしていたかと思いますが、優れたフィジカルとテクニックの融合は、チームの主役を張るには充分な実力だったでしょう。

 

ペップがシティ監督に就任し、ヤヤと再会した際には放出の有力候補と目されて実際に代理人とのイザコザから出場機会は失われました。しかし、選手と監督自体は大きな問題なかったように思います。ペップ1年目のシーズン後半はボランチとして、チームをコントロールしてくれました。フェルナンジーニョがまだ上手くプレー出来ていなかっただけに、余計に頼もしかったですね。動きは確かにかなり遅くなりましたが、今見てもボールタッチが柔らかく滑らかにプレー出来ます。これは私が考える素晴らしい選手の証の一つ。私がシティを見始めた時に思ったのは全体的にどの選手もプレーが硬いなって事でしたから、それも相まってヤヤの素晴らしさが感じられました。

 

今季はピッチでのプレーは目に見えて減ってしまいましたが、チームの雰囲気が崩れるような事もなくここまで来れたのは良かったです。後はシーズン最終戦に勝利し、驚異の勝ち点100で締めくくりたいですね。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

【プレミアリーグ17ー18】第37節ハダースフィールド戦

プレミアリーグ記録がいくつか掛かっているシティ。残留争い渦中のハダースフィールドを迎えます。

 

シティスカッド

ストーンズが負傷より戻ってきました。それ以外は順当なスタメン。退団が発表されたヤヤは今日もベンチスタートですが、出番を作りたいところです。

 

前半(0ー0)ー:ー

 

いくつかの良いチャンスを作った反面、ピンチもいくつか作られています。ハダースフィールドの守備はかなりハッキリと動いており、この試合に向けて調整してきている感があります。相手陣内でのハイプレスと無理だと判断して5バックをベースにゴール前を堅める守備と、割り切ってプレーし良い集中力を持って対応されています。

 

シティはビルドアップ時も含めて判断や技術的なミスもあり、相手の集中力も際立ってモチベーションはハダースフィールドの方がありそうです。そういった面がフィフティのボールが嫌な所に溢れたりするのに繋がっているんじゃないでしょうか。

 

攻撃面では難しいシーンも目についていますが、サネを中心に左サイドからチャンスは作りました。ダビドとサネのコンビネーションは秀逸で、あとは折り返しと合わせる側の精度がまだ合っていませんね。守備面ではFK含めていくつか危ういシーンがありますね。エデルソンのセービングが今日は良さそうなのが何よりで、ファインセーブもありました。

 

後半(0ー0)ー:ー

 

気持ちでハダースフィールドが最後まで押しのけました。シティとしてはギュンドアンやベルナルドなども投入し、ほぼハーフコートでのプレーで攻め立てましたが、文字通りの全員守備にはこじ開けるだけの精度は出せませんでしたね。

 

後半はまぁハダースフィールドの守備を褒める以外にないでしょう。後半早々に投入されたメンディは面白いクロスを供給してましたが、ジェズスのヘディングなどは枠を捉えられず。最後まで身体を張ったハダースフィールドは勝ち点1に相応しい気迫だったと思います。

 

シティとしては出来ればフォーデンやヤヤにプレー機会を与えたかったんですけどね。

 

総括(0ー0)DREW

f:id:kumagoro31:20180507204328j:image

セレモニーに向けて勝利で迎えたかったですが、プレミアリーグの残留争いの気迫にやられてしまいましたね。まぁそれでもリーグチャンピオンとしての素晴らしいアイデアはいくつか見られました。

この日のメインは優勝セレモニー。

喜びのトロフィー!!!最後にノエル兄貴と祝福するペップ!!

記録はせっかくのチャンスなので残りの試合で是非とも達成したいですね。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

【プレミアリーグ17ー18】第36節ウェストハム戦

リーグ戦もあとわずかとなり残るモチベーションは記録の塗り替えですかね。ある意味では難しい試合となりそうな残りのリーグ戦。

 

シティスカッド

f:id:kumagoro31:20180430085545j:image

フェルナンジーニョは復帰し、ギュンドアンが引き続き先発。今日のCBはオタメンディを起用です。

 

ハマーズスカッド

f:id:kumagoro31:20180430085553j:image

元シティのサバレタは先発ですがレンタルのジョー・ハートは外れています。

 

前半(1ー2)クレスウェル(FK):サネ、OG

 

ヒヤヒヤものの前半となりましたね。ボールは概ね支配するもののミスが多く、イマイチな内容でした。それでも30分くらいまではプレスもよく効き、効果的なパスも入っていたのですが。先行して2点リードしたのは良かったです。

 

リバプール戦が一番顕著だったと思いますが、チームがリズムを崩した時に中々元に戻れないですね。エデルソンの際どいシーンが発端だったと思いますが、安心して見て入られたのが一転非常に危うい展開になってしまいました。失点自体はクレスウェルのFKが素晴らしかった訳ですけど、そこまでの流れが失点して可笑しくない展開だったのはいただけません。前半のサネはボールが足に付いていないシーンがありますし、ウォーカーは最近ポカが目立っちゃってますね。

f:id:kumagoro31:20180430085640j:image

序盤から中盤にかけてと、終盤のプレーの質に大きな差があったのはチームとしての落ち着きを失った為でしょう。またランシーニのドリブルには手を焼いていますね。アルゼンチン人らしい小柄ながらもテクニックとクイックネスに優れたプレーは、シティのプレスにも個で対抗出来ることを示しています。そこにアルナウトビッチが絡むのは結構怖いですね。彼は大柄ですが面白いアイデアとスキルを持っています。

 

後半(0ー2)ー:ジェズス、フェルナンジーニョ

 

後半見違えるようにバランスを取り戻したのは、ハーフタイムでペップの檄が飛んだでしょうかね。明らかに良くなったのはポジショニングのバランスで、それにより2列目の2人がボールをかなり受けれるようになりましたね。特にギュンドアンはボールを引き出して前を向くと、良いパス出していくれます。勿論デ・ブルイネも貫禄のプレーを披露し、彼のダイナミズムと一撃必殺のキックでチャンスを構築してくれました。

f:id:kumagoro31:20180430085720j:image

またそこに加わって厚みを持たせたのはジェズス。前半よりも低く降りてくるシーンも目立ちましたが、中央で彼がボールを受けることでスペースを作るのにも一役買って尚且つゴールもゲット。後半のゴールは2つとも素晴らしいプレーでしたので、攻守において修正し安定していました。

 

スターリングと後半のサネは良いプレーでしたが、肝心のゴールは生まれず。特にスターリングは何本かは決定機があったんですけどね(笑)PKももらえませんでしたし、今日は彼の日では無かったですね。終盤にはヌメチャがプレミアリーグデビュー、あまりボールに触れませんでしたがこれからに期待です。

 

総括(1ー4)WIN

f:id:kumagoro31:20180430085757j:image

前半は不安な顔を覗かせたものの終わってみれば快勝。特に後半の出来は満足出来るものでしたね。これでリーグでの記録も大分見えて来ましたので、来季も見据えながら結果にも拘っていきたいです。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

【プレミアリーグ17ー18】第35節スウォンジー戦

リーグチャンピオンとして迎える初のホームゲームは祝祭の日となりました。

 

チャンピオンスカッド

f:id:kumagoro31:20180423211344j:image

怪我のアグエロや出場停止のフェルナンジーニョなど主力数名を欠く布陣ながら、チームを牽引したダビドとデ・ブルイネは揃って先発です。

 

スワンズスカッド

f:id:kumagoro31:20180423211357j:image

 

前半(2ー0)ダビド、スターリング:ー

f:id:kumagoro31:20180423211416j:image

ガードオブオナーで迎えられたリーグ戦は、堂々たる戦いを見せてくれましたね。ポゼッションは90%を超える脅威っぷり。ほぼ相手陣内で展開した前半は、素晴らしい守備と2つの素晴らしいゴールと此処まで何故勝てたのかを反映したようなプレー振りでした。

f:id:kumagoro31:20180423211429j:image

1点目は今季の崩しのパターンで最も効果的だったものですね。サイドライン際のデ・ブルイネから飛び出したスターリングへのパスは完璧でしたし、折り返しをフィニッシュする綺麗な崩しでした。また2点目もデルフとダビドのワンツーで左サイドを崩し、右サイドのスターリングが仕留めました。スターリングはこれで今季18ゴールですから一気に開花しましたね。

 

守備の連携もプレッシングも効果的で、相手にほぼ何もさせませんでしたね。ダニーロの動きは良かったですし、ギュンドアンやベルナルドも効果的にプレー出来ていました。特にボールが持てる時のギュンドアンのゲームメイクは非常に良いです。チームにリズムを与えるパスに、2列目の間を通すダビドらへの縦パスが攻撃を促進させています。GKエデルソンには出番が訪れませんでした。

 

後半(3ー0)デ・ブルイネ、ベルナルド、ジェズス:ー

f:id:kumagoro31:20180423211448j:image

前半と変わらず主導権を握ったシティは、気持ちの良いゲームを謳歌します。今季何度も見せてくれた強烈なミドルをデ・ブルイネが決めてくれました。また久々に1週間空いてのゲームでしたので、試合を通してプレスもよく掛かっており、攻守においてチームは抜群の動きを披露し続けました。ジェズスも乗り込みたいところでしたが、肝心のゴールはPKも失敗しりと危うかったです。が、最後の最後でゴールをゲットしましたね。良かった良かった。

f:id:kumagoro31:20180423211502j:image

ゲームが決定的なモノになると選手交代のカードを切っていきます。永きに渡りチームを支えたヤヤとチームの未来を担うフォーデン。そして、長期離脱から遂に復帰を果たしたメンディがピッチに立ちました。サポーターはかなり盛り上がってましたね。

メンディの肝心のプレーですが、持ち味の高速クロスを何本か披露してました。まぁどっちかと言うとちょっとプレーがバタついてましたけど(笑)代わりに優れたパフォーマンスを披露したのはフォーデン。間をすり抜けていくドリブルは周りがよく見えている証拠ですね。

 

総括(5ー0)WIN

f:id:kumagoro31:20180423211517j:image

リーグチャンピオンに相応しいとても素晴らしいゲームでした。ゴールラッシュにメンディの復帰とチャンピオーネの大合唱の数々。何も言う事はないですかね。

f:id:kumagoro31:20180423211527j:image

最高でした!!!

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 

プレミアリーグチャンピオン!!!

いやぁこんなに月曜日が爽やかな気分で始まる事はあまりないですね。悪夢の1週間を抜けてスパーズに勝利し、次節ホームで優勝するぞっ!!と思っていましたが呆気なくその瞬間は訪れました。実はユナイテッド戦は後半途中まで観ていたんですが、仕事もありますし流石に0ー0時点で寝たんですよね(笑)もしかしたらとは思っていましたが、本当に負けるとは、、

f:id:kumagoro31:20180416211425j:image 

という事でプレミアリーグ17ー18の王者となりました!!!

昨季は苦しいシーズンだっただけに最高の結果を手に入れましたね。もちろん、ダービーやCLリバプール戦など悔やまれる部分はあったものの、今季の素晴らしいプレーの数々を否定する事は出来ないでしょう。

 

シーズンレビューはまたシーズン後にはしたいと思いますが、公式サイトよりコンパニの歓喜の瞬間がアップされていたのでご紹介を。

 

ユナイテッドファンのご家族の微妙な表情が何とも言えませんね(笑)コンパニを祝福したい気持ちと同じ街のクラブが優勝してしまう悔しさと、本当にフットボールが文化として根付いていて日本人としては羨ましい限りですね。

また、スマホ片手にウォーカーやデ・ブルイネらとビデオ電話で”チャンピオーネ”を大合唱する辺りが現代だなぁって思いました。

 

パブの様子っぽいのもデイリーメールがYOUTUBEにアップしておりましたので、こちらも。ウォーカーらがファンと優勝を祝福してましたね。 

ギャラガー兄弟もきっと大いに喜んだ事でしょう。それぞれソロも良い曲あるんですけど、勢いでOASIS再結成しちゃいましょう!!まぁないか(笑)

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村