クマごろうの独り言

三十路を越えたクマのオス。フットボール中心に気になること

【プレミアリーグ17ー18】第11節アーセナル戦

仕事と私用でゴタゴタだった月末月初。CLナポリ戦は苦戦した様ですが、勝利した事でグループステージ突破を決めましたね。気付けばもう11月でリーグはアーセナル戦です。

 

シティスカッド

f:id:kumagoro31:20171106213900p:image 

クラブ歴代最多得点でクラブ史に名を刻んだアグエロが先発です。CLはギュンドアンが出てたみたいなんですが、今回はいつもの布陣。

 

ガナーズスカッド

f:id:kumagoro31:20171106213918p:image 

3バック採用中のアーセナル。CB不足で、コクランが中央に入ります。3バックとはいえ、モンレアルってそういう選手でしたっけ。エジルが右サイドにサンチェスが中央に陣取り、新加入のラカゼットはベンチスタートです。

 

前半(1ー0)デ・ブルイネ:ー

 

前からの圧力を強めたアーセナル。最前線のサンチェスからアグレッシブにプレスを掛け、シティのビルドアップを防ぎにかかります。只、前からガンガン来てくれるので搔い潜った際には広大なスペースが。前半はカウンターがよく効いており、開始早々のアグエロのシュートまで持っていったシーンを筆頭に、迫力あるプレーを見せていたと思います。

f:id:kumagoro31:20171106213506j:image 

20分前後から相手陣内でプレーする時間帯が増えてきたなと思った矢先、チェルシー戦に続いてのビッグマッチでのゴラッソとなったのはデ・ブルイネ。左右に相手を揺さぶった後に作り直しから、中央のデ・ブルイネがワンツーで侵入するとミドルをズドン。

 

攻撃陣ではスターリングが積極的なプレーを見せていましたが、最後の精度に今日は難を抱えてましたかね。サネのクロスに合わせようとしたのは明らかなファールだったと思いますが、PKにはならず。また逆に一気に抜け出した決定機では、サネへのラストパスが明後日の方向に、、、これにはペップも相当怒ってましたね(笑)

 

守備ではストーンズオタメンディを中心に粘り強く対応し、終了間際のラムジーのシュートもエデルソンがファインセーブ。プレスも自陣に構えての守備も大きな問題点はなかったと思います。

 

後半(2ー1)アグエロ(PK)、ジェズス:ラカゼット

f:id:kumagoro31:20171106213645j:image 

後半早々にゴールを決めれたのは、前半3度ほどあった決定機を決められなかった後だけに大きかったですね。PKをゲットしたスターリングの飛び出しも素晴らしかったですし、ファーストタッチモンレアルの前に持っていけたのは良かったですね。あのファーストタッチがPKを呼び込んだと言えます。アグエロがポストに当ててヒヤッとしましたが、PKを沈めリードを広げることに成功。

 

しかし、ここからはかなりオープンな打ち合いとなりました。2点差になってもまだ気合いが乗っているアーセナルは諦めずにハイプレス。互いに激しいアップダウンを繰り返し、中盤には結構オープンスペースが出来てきます。その中で交代出場のラカゼットが追撃の1発を決めましたね。失点直後はアーセナルに勢いをつけられましたが、シティ自慢のカウンターの鋭さは発揮し対抗します。

f:id:kumagoro31:20171106213700j:image 

一進一退となった試合の結末は意外な形に。問題の3点目ですが、まぁどう見てもオフサイドです。リアルタイムでもフェルナンジーニョのパスのタイミングが一つ遅いよって思った矢先でしたし。Mr.ベンゲルが怒っても仕方ないくらい立派なオフサイドでしたな。これで試合のトーンが下がってしまったのは残念でしたが、シティ的には勝ったので問題なしです(笑)

 

総括(3ー1)WIN

f:id:kumagoro31:20171106213711j:image 

最後は良い試合が勿体無くなりましたが、勝利自体は妥当だったのではないかと思います。好ゲームでしたがパフォーマンスでも上回ったと思いますし。只、アーセナル的に同点に追いつけた可能性は否定しませんよ。

 

まぁなにはともあれ連勝は続きビッグマッチも3連勝ですか。マン・ユナイテッドがチェルシーに敗北したので良い感じに突き抜ける事になりました。

 

気になるのは連戦での疲労や負傷。メンディの長期離脱を埋めたデルフが怪我を負ってなければいいのですが。デ・ブルイネも最近は出ずっぱりのせいで後半30分前後から精度がぐっと落ちますからね。インターナショナルウィークに入りますが、インサイドハーフは特に休ませたいですね。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 

【プレミアリーグ17ー18】第10節WBA戦

久々のノーゴールで終わったリーグカップを経て、再び攻撃陣のギアを上げたいシティ。AWAYのウェストブロムに乗り込みます。

 

シティスカッド

f:id:kumagoro31:20171029094212p:image 

ターンオーバーで休ませれた中盤がスタメン復帰。ベルナルドが先発での起用です。

 

WBAスカッド

f:id:kumagoro31:20171029094232p:image

 

前半(1ー2)ロドリゲス:サネ、フェルナンジーニョ

 

アップダウンの激しい前半は、開始15分までに両チームで3点を取り合いました。攻撃陣のアイデアや鋭さがあったシティは、サネのゴラッソもあり良い展開に持っていけるかと思いましたが、WBAはかなりのハイテンションでゲームに臨めており危ないシーンをいくつか作られました。

 

WBAの縦への意識と推進力は凄まじく、時に怪我人が出そうなタックルはどうかと思いますがHOMEの声援をバックに、果敢に突進してましたね。正しく”突進”という言葉がピッタリなプレーですが、それでも想いがあれだけ全面に出ていれば、ボールが思わぬ所にこぼれたりするのが面白いところ。結構シティは手を焼いていました。失点シーンはロングボールの判断をストーンズとウォーカーが誤り、エデルソンも飛び出しましたが、上手くやられました。

f:id:kumagoro31:20171029094259j:image 

攻撃は前節のズレは修正されており、ワンタッチプレーやサイドチェンジも織り交ぜアイデアは出ていました。失点後すぐに追加点が取れたのも重要でしたね。25分過ぎからはWBAは前からのプレスは少なめに自陣に陣取るようになります。それと同時にシティがボールをコントロールしますが、スペースがなくなり苦労する事に。ダビドのフリーのヘディングは決めたかったですね。

 

後半(1ー1)フィリップス:スターリン

f:id:kumagoro31:20171029094336j:image 

後半も立ち上がりにハイプレスを敢行するWBA。GKへのバックパスの際には、漏れなく人数をかけて前から嵌めていき、フェルナンジーニョの所で失う様に狙いを持っていましたね。かなり厳しいプレスではありましたが、あれを剥がせると一気にチャンスに出来るんですけどね。

 

それでも追加点を挙げたのはシティ。交代出場のスターリングがゲット。サネのワンツーでの切り崩しやウォーカーのオーバーラップに鋭いクロスと、素晴らしい流れでのゴールでした。スターリングは今季はゴールへの意欲が人一倍高くなっていて面白いですね。シュート力がある方ではないだけに、ポジション取りやボールに対しての入り方など、ゴールが取れる様な動きに変わっています。本人もゴールへの執着心がかなり出てきています。

 

これで少し楽に終わらせれるかなと思いましたが、その後のビッグチャンスを3つほど棒に振ると、最後にオタメンディのミスで失点を喫するなど、残念な結末に。

 

総括(1ー2)WIN

f:id:kumagoro31:20171029094350j:image 

決して悪くはなかった試合内容で、ハイプレスとそれ以上の馬力に苦しんだ試合でもありましたが、もっと点数が入ってもおかしくなかっただけに、少し勿体無い試合だったかなと思います。苦しんだ部分はパワーの差でしたが、それでも勝利という結果は妥当だったと思いますし、これで連勝キープです。 

 

正直、この試合は勝利と怪我人が出なかったのも幸いでしたから、タフな試合でしたけどチャンピオンズリーグに向かえますね。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

【カラバオカップ17ー18】4回戦ウォルバーハンプトン戦

タイトな日程の続くマン・シティ。カップ戦にてウルブズと対戦です。そして、カップ戦はまたまたハイライト観戦となりましたので、雑感のみです。社会人とは忙しいものです。

 

メンバーはターンオーバーにて出場機会の少ない選手で構成され、主力はようやく一息つけます。ベルナルドやギュンドアンら準レギュラークラスと、アダラビオヨやジンチェンコら若手が先発しました。

f:id:kumagoro31:20171025222357j:image 

特筆だったのはGKブラボっていうのは誰が見ても今回は納得するでしょう。前がかりなチームはチャンスを多く作った反面、カウンターからピンチを幾度か迎えています。今日はまるで昨季かのように攻撃陣が総不発に終わり暗雲立ち込める中、昨季が嘘かのようにビッグセーブを連発するのでした(笑)

f:id:kumagoro31:20171025222420j:image 

試合中も好パフォーマンスを見せたブラボは、PK戦でも2つのセーブでチームを勝利に導きました。この姿が見たかったと思ったのは、私だけではなかった筈。

カップ戦では過密日程となる為、負担も大きいのですが、今の良い流れを断ち切らなかったという意味で大きな勝利だったと思います。チャンスは作れどゴールが入らず敗れると、正に昨季の再来であり悪いイメージが今後に影響を及ぼす可能性もある訳です。そして勝利した際のチームメイトのブラボへの手厚い祝福は、チームが良い状態を維持した証明であると言えます。

 

正GKはエデルソンが素晴らしいシーズンを送ってますので、これで早々に変わるなんてことはまずないですが、それでもブラボの最高なプレーを見れた事で更なる期待を持ってチームを観れると思います。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

【プレミアリーグ17ー18】第9節バーンリー戦

チャンピオンズリーグからの連戦となる週末のリーグ戦。今季不気味な存在のバーンリーと対戦します。

 

シティスカッド

f:id:kumagoro31:20171022110012p:image 

交通事故にて負傷したアグエロが先発にてピッチに戻ってきたのと、右ウィングにはベルナルドが先発で起用されています。

 

バーンリースカッド

f:id:kumagoro31:20171022110038p:image 

オーソドックスなイングランドスタイルの4ー4ー2。粘り強い守備が今季は効いています。

 

前半(1ー0)アグエロ(PK):ー

 

ここ数試合のハイパフォーマンスを維持したいところでしたが、この前半はミスが散見されリズムに乗れたとは言い難かったですね。バーンリーはかなりタイトな守備を披露していましたし、最後も身体を張ったりと前評判通りの戦いを披露していましたが、シティのパスワークのズレが多くスピードアップに至らなかったのが停滞した要因でしょうか。

f:id:kumagoro31:20171022110126j:image 

先発起用されたベルナルドとアグエロは上々のパフォーマンスは見せていたと思います。荒く削りにきていたバーンリーの守備にシティも結構苛立っていただけに、不用意なミスも見られましたが、特にベルナルドの所でボールが収まり時間を作れていたのは良かったと思います。ベルナルドは2度決定機が訪れましたが決めきれませんでした。とは言え、PKを上手くもらいましたし、アグエロもキッチリ決めて先制出来たので、後半に繋がります。

 

守備は単純なロングボールへの対策が実は難しく、1度誤ると即ピンチになるので予断を許しません。パワーに押し切られてしまうシーンも見られましたし、組織的な部分よりもセカンドボールなどが予期せね所に出ると怖いなという印象を持ちました。また先制してからバーンリーは高い位置からプレスを仕掛けていたので、上手くいなしたいですね。

 

後半(2ー0)オタメンディ、サネ:ー

 

後半開始はバーンリーに押し込まれました。パワーを活かしたロングボールからアグレッシブに動き、シティは重心を下げられました。セットプレイなどは迫力ありましたし、前への圧力を随分出してこられましたね。そんな中にあって守備陣は高い集中力を見せ、各DFの1対1やエデルソンの飛び出しなど要所できちんと対応していました。

f:id:kumagoro31:20171022110149j:image 

2点目は遠かったですが、CKからオタメンディがゲット。前日にペップが褒めていたようにデュエルに勝ってのヘディングでした。これで糸が切れたのか3点目は、アグエロの素晴らしいポストプレイからデ・ブルイネの必殺スルーパスに、サネの飛び出しという流れるような攻撃がようやく見られました。デ・ブルイネのパスは勿論良かったですが、アグエロのワンタッチで落としたプレーが決め手だったと思います。あれで攻撃が一気に加速しましたからね。

 

バーンリーは最後まで戦う意思を見せましたが、ジェズスにギュンドアンやヤヤも登場し試合を締めました。

 

総括(3ー0)WIN

f:id:kumagoro31:20171022110238j:image 

思った以上に苦しめられたバーンリー戦。それでもクリーンシートで3点取れたのは、チームが充実している証じゃないでしょうか。今季に入ってからの守備陣のパフォーマンスは、昨季から比べると驚きとも言えます。

 

恐らく今はチームとしても勝てるイメージが持てているんでしょうね。長いシーズン苦しい場面はあるでしょうが、今季は一味違うのではと思えます。次はカップ戦ですからターンオーバーしてでも結果を出したいところ。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 

【チャンピオンズリーグ17ー18】グループステージ第3節ナポリ戦

絶好調のマン・シティ。勢いそのままにチャンピオンズリーグの大一番を迎えます。相手はナポリで、こちらもリーグ開幕8連勝とユーベを抑えて堂々首位です。

 

シティスカッド

f:id:kumagoro31:20171018230128p:image 

ここ数試合同じメンバーとシステムです。懸念されるのは連戦での披露。

 

ナポリスカッド

f:id:kumagoro31:20171018230145p:image 

どのポジションにも実力者がいる好チーム。インシーニェやハムシクといったプレーヤーは勿論、ジエリンスキやカジェホンメルテンスなど侮れないスカッドですね。

 

前半(2ー1)スターリング、ジェズス:ー

 

想像とは違った前半、シティは開始から30分以上はワンサイドゲームを展開します。最初からしっかりとボールをキープし、崩しのアイデアやネガティブトランジションも問題なく、ナポリを圧倒します。

 

ビルドアップでキーになったのは左サイドバックのデルフ。攻撃時にはフェルナンジーニョとダブルボランチを形成し、左サイドを開けます。ナポリの右ウィングであるカジェホンを中央寄りのポジションを取らせる事で、一番奥のサイドで張るサネとインサイドハーフのダビドにスペースを与えます。1点目はまさにこれが有効に働いたシーンで、サイドに張るサネに入った時点でダビドが前線に飛び出し、折り返しのこぼれ球をスターリングが押し込みました。

f:id:kumagoro31:20171018230208j:image 

2点目は前線からのプレッシングでデ・ブルイネがカットすると、得意のアーリークロスでジェズスがゲット。デ・ブルイネは更にポスト直撃のミドルを放つなど存在感を見せます。その他ジェズスにも決定機は訪れましたが、決められず。これらが試合を難しくしてしまったと言えます。

 

ナポリは35分辺りから少しづつプレー出来るようになりますが、大きな転換点はPKだったでしょうか。実際このPKは外してしまいますが、やはり2ー0というスコアは希望を持つには十分で、盛り返せるという自信を与えてしまったのかなと思います。前半はそれでも、ほぼシティペースで終えますが。

 

後半(0ー1)ー:(PK)

 

後半は前半とは展開が様変わりし、勢いづいたナポリは手強くシティはかなり苦しめられます。ナポリの攻勢を許した要因は3つ。

 

ナポリの実力

②試合展開の慣れ

③シティのプレー強度の低下

 

ナポリ自体、セリエAで首位を走るだけあって純粋に実力がありました。特にボールを持ってアクティブにプレーしようとするスタイルは非常に好感が持てますし、狭いエリアでも苦にしないだけの組織的なポジショニングと個々のクオリティを備えていました。

 

そんな好チームですから、試合時間が進むにつれシティのテンポやリズムに慣れてきます。前半終盤のいけるぞという感触も相まって、自信を持ってプレー出来る様になったんでしょうね。要は普段の自分達のプレーが出来る様になったと。

 

そして最大の要因はこれかなと思いますが、シティ自体のプレー強度は随分落ちました。後半はプレスに行けず、奪っても猛烈なカウンターも見られなくなりましたので、単純にシティのペースが上がらなかったと言えます。これは過密日程でメンバーを固定しているのが一因かと思うので、そろそろローテーションして良いんじゃないかなと思います。特に、交代で入ったギュンドアンやベルナルドは良いプレー見せてますので、先発でも十分やれると思いますしね。

この辺はペップって割とメンバー変更するタイプだったと思いますので、最近はどう考えているのかなとは思いますが、シーズンでの計画もあるでしょうから上手くやってくれると信じましょう。

 

後半再びPKを与えてしまい1点差に詰め寄られますが、きちんと逃げ切り勝ち点3を手にしました。

 

総括(2ー1)WIN

f:id:kumagoro31:20171018230238j:image 

結果的に苦しめられましたが、無事勝利したのは何より。後半シンドくなりましたが、ポジティブなのはDF陣はしっかり対応出来ていた事ですね。プレスは緩くてハマりませんでしたが、守備陣自体が崩されたシーンは数える程しかなく、危ないシーンは寧ろビルドアップのミスからのみでした。

f:id:kumagoro31:20171018230316j:image 

個人的なMOMはエデルソンにあげたいですね。前半のPKセーブは結果的に勝利をもたらしましたし、飛び出しやシュートストップにハイボールの処理など本当に良いGKです。ビルドアップでもかなり安心して見てられるのもペップにとっては非常に重要な要素ですしね。

 

さてこれでグループステージ突破は十分見えてきたと思います。後はメンバーの疲労も考慮していけると更に良いですね。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 

【プレミアリーグ17ー18】第8節ストーク戦

インターナショナルウィーク明けての試合、既にマン・ユナイテッドがリバプールとの1戦でドローに終わりましたので差を付けたいところです。

 

シティスカッド

f:id:kumagoro31:20171015133232p:image 

代表組のローテーションがあるかと思いましたが、怪我人を除けばベストメンバーですかね。ギュンドアンやヤヤは使っても良かった気はしますが。また交通事故にて負傷したアグエロがベンチに復帰です。頑丈だなぁ(笑)

 

トークスカッド

f:id:kumagoro31:20171015133250p:image 

オーソドックスな4ー4ー2。ツートップにはシャキリとヘセという実力者を並べています。

 

前半(3ー1)ジェズス、スターリング、ダビド:ディウフ

 

最後の失点を除けば最高の出来でしたね。インターナショナルマッチ明けとは思えぬパフォーマンスには脱帽です。有利に働いたのはポゼッションをベースとしたスタイルと無縁ではありません。この前半はボールのイニシアチブと共にゲームを掌握していましたので自分達のペースをコントロールしながらプレーする事が出来ました。故にネガティブトランジションの際の即時奪回も抜群の効果を見せ、相手に何もさせてません。

f:id:kumagoro31:20171015132736j:image 

攻撃面の創造性は素晴らしく、3トップの動きは軒並み好調で、中盤のダビドも高品質なタクトを振り、デ・ブルイネに至っては余裕すら感じられました。特に2点目に繋がるスルーパスは最高でしたね。チェルシー戦でのミドルが効果的に相手に影響を与えたのかもしれません。どの得点シーンを見ても相手を完全に崩しており、調子の良さが継続されているのが分かります。

 

それだけに悔やまれるのは最後のシーン。パスのズレからのカウンターで、サイドに展開されデルフが躱されると後手を踏みました。守備陣はそれまで優れたパフォーマンスを見せていましたので、本当に一瞬の緩みだったと思います。只、前半で終わらせる事の出来るような展開だっただけに、気を引き締める必要があるでしょう。

 

また、ストーンズの守備は向上の一途を辿っているのか非常に頼もしい。ヘセとのマッチアップで3度ファウルなしで綺麗にボール奪取していますし、カバーの判断や読みも良いですね。

 

後半(4ー1)ジェズス、フェルナンジーニョ、サネ、ベルナルド:OG

 

前半最後の失点が影響を与えたのか、後半開始早々に追加点を奪われます。これもチーム全体として集中力に欠いたようなシーンで戒めとするべきプレイですね。エデルソンは失点シーン自体はどちらも味方に当たってコースが変わっており、ノーチャンスではありましたが、それよりもコーチングなどでストーンズと共にチームの集中力をケア出来るようになってくれると更に良くなりますね。特に時間帯を考えれば集中力の途切れやすい時間帯ですし。

f:id:kumagoro31:20171015132759j:image 

只、これで難しい試合になるかと思われましたが現在のシティの攻撃力は素晴らしいです。昨季の決定力不足が嘘のようなゴールラッシュを後半も披露します。そんな中で圧倒的な存在感を披露したのは、デ・ブルイネ。4点目の自らのボール奪取からのジェズスへのグラウンダークロスも素晴らしいですが、サネへの対角線上に出したロングスルーパスは最早芸術品。広い視野と正確無比なコントロール、そしてグラウンダーという完璧なパスでした。

 

その後は早々に主力を休ませ、ヤヤも久し振りに出場しました。メンバーを代えても攻撃力が落ちないのがシティが如何に充実しているかという証明ですね。ギュンドアンは間が素晴らしく、前を向くのが抜群に上手いですし、ベルナルドの反転の速さから全方位に動けるというのも違ったモノをチームにもたらします。

 

最終的に、フェルナンジーニョのゴラッソにベルナルド待望の初ゴールで試合を締めました。

 

総括(7ー2)WIN

f:id:kumagoro31:20171015132815j:image 

強い。その一言を多くの人が感じた試合じゃないでしょうか。スコア以上に圧倒的だったと思いますし個々のパフォーマンスも代表帰りとは思えない程、躍動してくれました。選手層も考えれば、本当に強いチームをペップが作りつつあります。

f:id:kumagoro31:20171015132838j:image 

本当に素晴らしいのは、資金を掛けて選手を獲得しているのは事実としても、ペップのチームという特徴がかなり出てきている事ですね。仮に同じ資金で選手を獲ってきたとしても、この様なチームには早々ならない。それは過去のバルサバイエルンでも同様の事ですね。

 

チームの好調さは継続され、首位を維持できました。最早シティのキングとも呼べるデ・ブルイネと共に勝利を積み重ねて欲しいですね。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

 

【プレミアリーグ17ー18】第7節チェルシー戦

チャンピオンズリーグから中3日のリーグ戦の大一番、昨季の王者に乗り込みます。気になるのは怪我人の状況、メンディに続いてアグエロが交通事故により離脱。バッドニュースを掻き消す活躍をジェズスには期待です。

 

シティスカッド

f:id:kumagoro31:20171001105726p:image

アグエロが離脱した前線にはもちろんジェズス。左サイドバックには継続してデルフを起用です。

 

チェルシースカッド

f:id:kumagoro31:20171001105741p:image 

前線のトライアングルは非常に強力です。アザールには昨季やられてますので、充分気を付ける必要があります。右サイドはモーゼスでも新加入のザッパコスタでもなくアスピリクエタをチョイス。

 

前半(0ー0)ー:ー

 

かなり拮抗した前半。僅かに上回っていた印象のシティですが、チェルシーの守備陣は堅く、こじ開けるのは大変だなという印象です。ボールはキープしてビルドアップ出来ましたが、ファイナルサードの崩しのイメージまではいかない。

 

デルフの左サイドバックは、ビルドアップを助けるという意味では良く効いています。かなり集中力の高い試合ですので、一つのミスが大きな痛手に繋がるリスクを抱えていますが、危ないミスはチーム全体でもウォーカーの1本くらいでしたでしょうか。

 

守備陣はチーム全体の連動したプレスと、DFラインの粘り強さでチェルシーに殆ど何もさせませんでしたね。危なかったのも1度くらいでエデルソンの好セーブで凌いでいます。エデルソンは今季の補強で最大のヒットとなりそうで、背後に必要以上に心配することがないというのは素晴らしいですね。

 

攻撃面ではチャンスは多くありませんでした。自陣に構えると流石にチェルシーの守備ブロックは堅い。ボールを廻して揺さぶりましたが、あまり効果的ではなくビッグチャンスになったのは寧ろカウンターから。スターリングがデ・ブルイネとのワンツーで右サイドを抜け出したシーンで、クロスをミスしてしまいペップがブチ切れてました(笑)中にはジェズスとダビドの2人が完全フリーでしたので、きちんと合えば1点ものでした。

f:id:kumagoro31:20171001105820j:image 

両者守備意識が非常に高く、チャンスの少ない試合でしたので、集中力の継続と個のクオリティが求められます。

 

後半(0ー1)ー:デ・ブルイネ

f:id:kumagoro31:20171001105855j:image 

後半も前半同様、堅い試合となりました。前半よりも違いが出始めたのはトップのジェズスにボールが入り始めた事。前半はプレスではかなり頑張っていましたが、攻撃時にはボールも殆ど入らず沈黙していました。後半になると、DFラインや中盤からジェズスに入るようになり、ポストプレイで存在感を上げていきます。

f:id:kumagoro31:20171001105907j:image 

実際、待望の先制点であり決勝点となったのは、DFラインからデ・ブルイネに良いパスが入り、ワンタッチでジェズスへ。ジェズスがデ・ブルイネに落とし、CLに続いてのスーパーミドルを突き刺しました。もしかしたらですが、チェルシーは中盤の構成でセスクとバカヨコを入れ替えた事も影響したのかもしれませんね。

 

ゴールが入ってからは試合が動き出し、チェルシーも存在感を発揮できなかったアザールがペドロと代わり、バチュアイも投入されるとサイドが活性化します。シティとしては少しバタつきましたが、前に出てきてくれた分カウンターがハマり出します。2度目の決定機でスターリングはフリーのジェズスをよく見ていましたし、ジェズスのボレーも抑えが効いて完璧でしたが、戻ったDFに防がれました。

 

シティはベルナルドやギュンドアンを投入し、試合を締めました。

 

総括(0ー1)WIN

f:id:kumagoro31:20171001105929j:image 

大きな1勝となりました!!昨季にダブルを喰らった王者を相手に、楽な試合でもありませんでしたがそれでも勝ち点3を取るに至ったのは素晴らしい。本当にデカイ。これが昨季だったら結果的に上手くいかない試合が多かったですが、今季は粘れて結果に結びつけている。

 

これで今季は苦杯を舐めたチェルシーリバプールに先勝できました。下位との取りこぼしも気を付けなければいけませんが、ビッグ6との直接対決は重要です。怪我人だけが気になるところですが、インターナショナルウィークで更に増えない事を祈りましょう。

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村